スイッチ | ブログ・サイト運営を応援するWebマガジン

ホームページで企業が見込み客を成約に導くための5つの実践的コンテンツ


皆さんは、ホームページのコンテンツを考える場合、どうされていますか?

他のサイトを参考にしたり、なんとなく決めていませんか?

コンテンツにはすべて、目的や役割があります。
これらをしっかり踏まえた上で、コンテンツを揃えることにより、ホームページで見込み客を成約まで導くことができるのです。

今回は、企業が見込み客を成約に導くためのコンテンツパターンを5つご紹介します。

Sponsored Links

(1)サービスの強みを生かしたコンテンツ

サービスには、いくつか強みがあると思います。
その強みをブログなどで、ピックアップして、コンテンツを書きましょう。
ターゲットを意識しながら、「この商品には、こういう機能があり、こういうメリットがあります。」と写真を交えながら紹介すると良いでしょう。
カタログの商品紹介みたいにかしこまって書く必要はありません。
お客様に直接セールスするような感じで書くと、より伝わりやすくなりますよ。

(2)お客様の声や事例を生かしたコンテンツ

お客様の声や事例は、ユーザーが最も関心のあるコンテンツです。
ユーザーは、このコンテンツをみることにより、自分に合ったサービスなのかどうかを判断する材料になります。
お客様の声や事例が、ターゲットにマッチしたものであれば、購入意欲が高まり、成約に繋がる場合もあるでしょう。
サイト内のコンテンツとして紹介するも良し、ブログで紹介するも良し。
お客様の声や事例が集まりそうなサービスであれば、積極的に活用しましょう。

(3)シーンに合わせたコンテンツ

サービスや商品は、さまざまなシーンでお客様に使って頂いていると思います。
この商品は、こんなシーンで使うと良いです。」と、コンテンツとして提案してあげましょう。
例えば、調味料のような商品であれば、その調味料を生かしたレシピを紹介したり。
洋服であれば、季節やテーマに合わせたコーディネートを提案したり。
シーンをイメージさせることは、ユーザーに商品を購入してもらうために、重要な要素です。
できるだけ、商品が魅力的に伝わるような工夫も必要ですね。

(4)ユーザーの疑問に答えるコンテンツ

「よくある質問」を見るユーザーは、サービスに関して少なからず興味を持っています。
ユーザーを成約に導くチャンスのあるコンテンツとも言えます。
ユーザーの疑問に対して、上手く答えることにより、ユーザーの疑問を解決するだけでなく、成約に導くことができます。
ポイントは、日々の業務の中で、ユーザーの疑問をしっかりすくい上げること。
それをホームページにフィードバックさせることが重要です。

(5)お役立ちコンテンツ

お役立ちコンテンツは、ユーザーが知識を深めるために、とても有効なコンテンツです。
特に専門的なサービスであれば、知識を深めることにより、サービスへの理解度も高まり、サービスの必要性をより感じることができます。
ポイントは、無理な営業に走らないこと。
このコンテンツを見る段階のユーザーは、まだ購入意欲が高くないため、無理にサービスを勧められてもウザがられるだけです。
さりげなく商品を紹介する程度にとどめておきましょう。

まとめ

(1)サービスの強みを生かしたコンテンツ
(2)お客様の声や事例を生かしたコンテンツ
(3)シーンに合わせたコンテンツ
(4)ユーザーの疑問に答えるコンテンツ
(5)お役立ちコンテンツ

このように、コンテンツにはそれぞれ役割があり、上手く活用することにらより、ユーザーを成約に導くことができます。
ホームページを作るときに、「どういうコンテンツを載せればいいかな…」と迷ったときは、こちらを活用してみてはいかがでしょうか?
もちろん、すべてをホームページに載せる必要はありません。
ご予算やコンセプトにあわせて、選択してください。


Sponsored Links

こちらの記事もおすすめです!

シェア頂けると励みになります!

ブログ更新情報はこちらから発信しています。

【完全保存版】ショッピングカートASP徹底比較2018

著者情報

荒木 厚(株式会社コクリ 代表)

デザイン会社、WEB運営会社を経て、「株式会社コクリ」を設立。 Wordpressを使ったWebサイトやネットショップの企画・制作、SEO・リスティング広告を使った集客支援をしています。