スイッチ | ブログ・サイト運営を応援するWebマガジン

知っておきたい インスタによる集客術! フォロワー急増テクニック! おすすめのツールも紹介


ここではインスタ集客術を紹介。
自分でできる対策、サービスを使ってできる対策があります。
数ヶ月で数百人、数千人のフォロワーを増やすことも可能です。
どんな方法なのか詳しくみていきましょう!

検索ワードを意識せよ!

フォロワーを増やしたり、「いいね」をもらうには自分のインスタを見てもらうことが大切。
インスタは好きなキーワードを入力して検索できる機能があります。
そしてカテゴリーが4つに分かれています。

  • 上位検索結果
  • ピープル
  • タグ
  • スポット

この中で1番馴染深いものは「タグ」でしょう。
投稿と同時に#(ハッシュタグ)をつけることで、タグの言葉がヒットします。

例えば、「#東京ドーム」と投稿すれば、東京ドームで検索している人にあなたの投稿がヒットします。
ハッシュタグが多ければ多いほど、いろいろなキーワードにヒットしやすいのでハッシュタグは重要です。

そして常に検索して来てほしいキーワードがあるなら、プロフィールにも入力しておきましょう。
検索した時に「ピープル」を選ぶと、プロフィールのキーワードがヒットします。

例えば、美容院を渋谷で運営しているとします。
その場合は、お店のインスタを立ち上げ、「美容院」と「渋谷」というキーワードをプロフィールの中に入れておきましょう。

さらにおすすめなのは、従業員にもお店用のインスタを持ってもらうこと。

  • 「ヘアカラーが得意!○○渋谷店の田中です!指名お待ちしています!」
  • 「アレンジカットが得意!○○渋谷店の川瀬です。」
  • 「小顔カットならお任せ!○○渋谷店の野村です。」

このようにいろんなプロフィールがあれば、ヒットしやすくなるので集客につながります。
例えば、「ヘアカラー 渋谷」と検索する人もいますからね。
従業員にSNSを禁止している企業もありますが、接客業ならむしろ有効活用すべきです。

マトを絞ったハッシュタグの付け方

例えば、パンケーキで有名なエッグスンシングスに行ったとしましょう。
ほとんどの人は「#エッグスンシングス」としか入力しません。

確かにこれでも悪くはないのですが、エッグスンシングス自体がメジャーなキーワードなので、あなたの投稿はすぐに埋もれてしまいます。
そこで更に絞ったキーワードにしてみましょう。

  • 「#エッグスンシングス」、「#原宿店」
  • 「#エッグスンシングス」、「#メニュー」
  • 「#エッグスンシングス」、「#外観」
  • 「#エッグスンシングス」、「#待ち時間」
  • 「#エッグスンシングス」、「#値段」

上記のようなキーワードで投稿したほうが、むしろ検索で集客につながりやすいです。
これはニッチキーワードと言われるもの。

ニッチキーワードは「隙間」という意味でライバルが少なく狙いやすいキーワードのことです。
YahooやGoogleなどの検索と同様に、メジャーなキーワードよりもちょっとコアなキーワードの方が集客しやすいです。

例えば銀座でパン屋を運営していて、「銀座」、「パン屋」というだけではいろいろなお店がヒットしてしまいます。

そこで、「#銀座」、「#パン屋」、「#米粉」などとさらに絞ったキーワードを登録しておけば、あなたのお店の検索がヒットする可能性が高まります。
王道キーワードだけでなく、マトを絞ったキーワード投稿やプロフィール入力を意識してみましょう。

投稿してくれた人にサービスを!

お店を経営している場合は、自社商品を投稿してくれた人に割引券やサービス券を配布しましょう。
例えば、下記のようなサービス。

  • 「#◯◯ラーメン」で投稿してくれたお客さんに好きなトッピングをプレゼント!」
  • 「当店のランチ写真を投稿してくれた方全員10%OFF!」
  • 「当美容院でカットされた方、インスタ投稿で次回 1000円割引!」

このように投稿してくれたお礼に何かサービスしたり、プレゼントすると多くの利用者に投稿してもらえます。
最終的にその輪が広がって、多くの人がインスタを見てくれます。その結果、あなたの店舗へ足を運んでくれる人が増えます。

インスタではないですが、Twitterで見返りサービスの成功例があります。
2019年にZOZOTOWNの前澤社長が発表した、「アカウントをフォローしてツイートした人の中から100人に100万円をプレゼントする」という企画。

「100万円プレゼントする」というビッグな見返りがあった影響で、最終的に460万を超えるリツイートがありました。
やはり何かがもらえる、得をするといったメリットがあればそれだけ反響も大きいということです。

そして投稿してもらうには、写真を撮りたくなるような見栄えの良いメニューやスポットを用意しておくのもお勧めです。

インスタ以外も活用する

インスタに集客させるのに、インスタだけ使わなきゃいけないということはありません。
Twitterやブログ、LINEなど様々なコンテンツがありますので、そこからインスタに誘導することも可能。
具体例を紹介しましょう!

Twitterからインスタへ誘導する方法

「インストも始めたので、こちらをご覧ください!
インスタのURL:https://www.instagram.com/ユーザーネーム」

インスタの場合、URLを貼り付けてもリンクが機能しませんが、Twitterならそれも可能。
Twitterからの集客は非常に簡単です。

ブログからインスタへ誘導する方法

「他にも写真をインスタの方にたくさん載せちゃいました!
インスタのURL:https://www.instagram.com/ユーザーネーム」

Twitter同様、URLリンクがきくので簡単に誘導できます。
ブログとの差別化を図るため、ブログにはほどほどの写真を掲載して、「他の写真はインスタで詳しく紹介する」といったスタンスがお勧めです。

LINEからインスタへ誘導する方法

「インスタに詳しい写真がたくさん載っています!
インスタのURL:https://www.instagram.com/ユーザーネーム」

お店を運営している場合は、LINEとインスタで集客を図るのがおすすめ!
LINEは無料スタンプなどを配布してお友達登録してもらいやすいですが、メルマガのような活用になるので写真を見てもらうのが難しいです。
そこでLINEのメッセージからインスタに誘導する流れも効果的です。

インスタだけだとどうしても集客に限界があるので、色々なSNSやコンテンツを活用してみましょう。

コミニケーションも重要!

インスタは情報を発信するだけでなく、いいね、コメント、フォローなども大切です。

どうしても情報が一方通行だと、反応も薄くなりがち。
そのためにはコメントしてくれた人に「お礼コメント」や「いいね」をしましょう。

お店のアカウントだと、本来そこまで返事は期待していませんが、それにもかかわらず返信すれば、「優しい人が運営しているんだな」と思い、リピーターとなる可能性が出てきます。

毎日のことになるとかなり大変ですが、従業員が当番制でやるなどして、長期的な運営こそ集客につながります。
ただ、中には悪口やクレームになることもありますので、全部が全部反応する必要はないでしょう。
かえって、炎上に繋がる可能性もあります。

おすすめのツールを紹介!

もしコミュニケーションに時間をさけないなら、自動ツールを活用するのも一つの方法。
有名なもので言うと、

インスタイル

すべてお任せで下記のことをしてくれます。

  • 自動コメント
  • 自動いいね
  • 自動フォロー

自動と言っても不特定多数の人に行うわけではありません。
ターゲットを絞り、興味のありそうな人にだけ投稿するので、迷惑になってしまう可能性は極めて低いです。

また、アクションを起こしたくない相手を指定することもできます。
インスタにはアクション数の上限がありますが、このサービスはその上限を超えないように調整しながらアクションしてくれます。
そのためアカウント停止や凍結になることはありません。

こういったサービスもうまく活用しながらインスタを行うと、短期間で集客することができます。
インスタイルは有料サービスですが、最初の14日間は無料で使えるので使用感を確かめてから継続するか検討しても良いですね。

1ヶ月4,980円で、6ヶ月契約だと1ヶ月分が3,480円になります。
短期間だけ使うこともできるので、「ある程度フォロワーが増えたからもういいかな」という時に解約できるのも良いですね。

インスタイルについて詳しくはこちら

まとめ

以上、インスタの集客術を紹介しました。
自分で出来ること、自動ツールに任せることを分担すれば、効率的にフォロワーを増やし、集客につながります。
まずは自分の投稿やプロフィールの見直しから進めていきましょう。


Sponsored Links

こちらの記事もおすすめです!

シェア頂けると励みになります!

ブログ更新情報はこちらから発信しています。

運営者情報

荒木 厚

熊本のホームページ制作・Webメディア運営会社「株式会社コクリ」代表。 「スイッチ」等のWebメディア運営、企業様のオウンドメディアの企画・制作、SEOをメインにした集客支援をしています。ロゴマークデザイン制作サービス「コクリロゴ」OPENしました!