スイッチ | ブログ・サイト運営を応援するWebマガジン

オフィス環境を劇的に改善!おすすめのインターネットFAX4選


あなたは従来のFAXの扱いにくさに不満を感じていたり、FAXの費用に頭を悩ませていたりはしないでしょうか?
実は、最近になって新しく登場したインターネットFAXというサービスによって、FAXの利便性や費用は大きく改善されつつあります。
そこで今回は、インターネットFAXのメリットを解説するとともに、おすすめのインターネットFAXサービスを4つご紹介します。
この記事を読んで、あなたもご自宅やオフィスのコストパフォーマンスを向上させましょう。

インターネットFAXとは?

インターネットFAXとは、文字どおりインターネット上でFAXを利用できるサービスのことです。
従来のFAXで使われていたFAX機器を必要とせず、相手から送られてきたFAXをパソコンやスマホで受信することも、パソコンやスマホで作成したデータを相手のFAX機器に送ることもできます。

送信時に行われるデジタルデータから紙への変換や受信時に行われる紙からデジタルデータの変換も自動で処理されるため、相手がインターネットFAXサービスを利用していなくても問題ありません。
またインターネット回線を使うため、わざわざFAXのために専用の電話回線を引く必要がなく、通信費や送受信にかかる時間も大幅に改善されます。
外出先でも利用可能なので、まるでメールのような気軽さでFAXを利用できるサービスだと言えましょう。

従来のFAXが抱える問題点

従来のFAXには以下の問題点があります。

  1. 外出先でFAX内容の確認ができない
  2. データの管理を物理的に行わなくてはならない
  3. 用紙代やインク代、通信費などさまざまなコストがかかる
  4. FAX機のトラブルや無駄な手間によって時間をとられる

しかしこれらの問題点は、あくまで氷山の一角でしかありません。従来のFAXの最大の問題点はこういった合理性のない連絡手段を、今なお多くの企業が採用し続けているということでしょう。
つまり、FAXの存在に頭を悩まされているからと言って運用をとりやめると、それだけで企業は機会損失します。

たとえば、「あの人(会社)はFAXでのやりとりができないから、我が社は取引しない(できない)」ということが起こりかねないということです。
このような機会損失を避けながら、FAXの利便性やコストを改善するにはインターネットFAXを使うしかありません。

インターネットFAXのメリット

インターネットFAXを使ことにより、以下のメリットが得られます。

  1. 外出先でもFAXを送受信できる
  2. データをデジタルで保管できる
  3. 時間や費用などさまざまコストが削減できる

これらのメリットについて、1つずつ解説していきます。

外出先でもFAXを送受信できる

インターネットFAXは外出先でもパソコンやスマホで送受信をすることが可能です。これにより緊急性の高いFAXに対応できます。
確かに本来なら、緊急性の高い要件をFAXで伝えるべきではありません。しかしそれでも「急ぎの要件なのに、なぜFAXの内容を確認していないのか」と求められることは多いのではないでしょうか?

オフィスに常に人がいるとも限らず、「緊急のFAXが届いています」という報告を受けられない可能性もあるでしょう。そもそも社内でのそういったやりとりをすること自体、時間の無駄です。
それに場合によっては、こちらが緊急の要件をFAXで伝えなくてはならないこともあるでしょう。
インターネットFAXを利用すれば、場所に関係なくFAXの送受信が可能になるので、無駄な手間を省きつつ緊急の要件に対応できます。

データをデジタルで管理できる

インターネットFAXを利用すれば、紙のデータをデジタルに変換できるので書類管理の負担が大幅に軽減されます。
従来のFAXではデータが書類として勝手に印刷されてしまうので、1つ1つファイルに収めて保管する必要がありました。書類整理は時間がかかりますし、場所もとりますので多くの企業が頭を悩ませています。バックアップもとれませんから、デジタルのデータ以上に紛失の危険性が高いと言えましょう。

インターネットFAXならデータをパソコン上で保管できますし、書類として保管したいデータは印刷すればいいだけなので合理的です。
また、営業として送られてくるFAXを無駄に印刷しなくて済む点も見逃せません。

費用や時間などさまざまなコストが削減できる

インターネットFAXはFAX機器が必要ないので、FAXに必要な用紙代やインク代、通信費から解放されます。
また従来のFAXは、印刷した書類をFAX機器に読み込ませるなど無駄な手間をかける必要がありましたが、インターネットFAXを使えばそれらのすべてを省略することが可能です。

さらに言えばFAX機器はトラブルが起こりやすいです。たとえばあなたは、紙詰まり、インク切れ、印字かすれなどの対応に追われたことはないでしょうか?
点検をする費用や時間を考えれば、FAX機器はないに越したことありません。インターネットFAXを利用することにより、コストは大幅に削減され、予期せぬトラブルに対応するリスクも減ります。

おすすめのインターネットFAX4選

ここまでで従来のFAXが抱える問題点とインターネットFAXのメリットについて見てきました。インターネットFAXを導入すべき理由がお分かりいただけたのではないでしょうか?
最後におすすめのインターネットFAXサービスを4つご紹介します。
これを参考にインターネットFAXサービスを選べば、あなたのご自宅やオフィスの環境は劇的に改善されます。じっくりご覧ください。

インターネットFAX最大手!「eFax」

国内の利用者が5万件以上、インターネットFAXの最大手がこのeFaxです。
月額利用料金1500円(税別)とちょっとお高めではありますが、毎月150枚まで送受信料が無料なうえ、30日間の無料トライアルもあるので、初めてインターネットFAXを利用する方にはぴったりだと言えます。

また、全都道府県の市外局番から好きなFAX番号を選べるので、ご自宅やオフィスの電話番号とFAX番号の市外局番を合わせることができます。
たとえば、大阪にある会社なのにFAX番号が03から始まっていたら相手を混乱させてしまいますよね?
eFaxは業界でもトップクラスなほどFAX番号をそろえているので、あなたのお住いの地域にあった番号を選ぶことができます。なので、初めてインターネットFAXを利用する方はこのeFaxを選んでおけば安心でしょう。

eFaxについて詳しくはこちら

使いやすいeFaxをさらにお安くした「jFax」

毎月の送受信がそれぞれ150枚もいかない方におすすめなのがこのjFaxです。
eFaxと同じ会社が提供しているこのサービスは、月額料金を990円(税抜)にまで落とした結果、無料になる送信枚数が毎月50件、受信枚数が100件となっています。

つまり、eFaxの費用とサービスを少しコンパクトにした位置づけです。
最初にeFaxを利用し始めたものの、月々のFAXの枚数が150枚に満たないとわかれば、こちらに乗り換えるのも手でしょう。
利用できるFAX番号が東京の市外局番である03とIP電話の050だけになってしまったのは残念ですが、基本的な使用感は変わりません。
こちらのほうにも30日間無料トライアルはついてくるので、eFax以上に初心者向けのサービスとなっています。

jFaxについて詳しくはこちら

長期運用を考える方におすすめ!「メッセージプラス」

長期運用をしたいという方におすすめなのが、このメッセージプラスです。
利用料は月額950円(税抜)とjFaxとそこまで変わりません。しかし年払いプランを利用することで月額792円(税別)までおさえられため、長期で見た場合はこちらのほうが費用を安いです。

さらにFAXの受信料が完全無料。送信はせず受信だけしたいという方には特におすすめとなっています。
一方で、送信料は1枚あたり15円掛かってしまいますが、メッセージプラスは会員同士なら送信料が無料です。この機会に、メッセージプラスの利用を得意先に提案してみるのはいかがでしょうか?
また、留守番電話という他のインターネットFAXサービスには見られない変わった機能もついています。

メッセージプラスについて詳しくはこちら

FAXの受信に特化!「秒速FAX plus」

FAXの受信に特化しているのがこの秒速 FAX plusです。入会金と初期費用が1050円(税別)かかってしまいますが、利用料が月額498円(税別)にまで抑えられています。
さらに同社が提供する「秒速 FAX 送信」というサービスを利用することにより、送信も可能です。秒速 FAX 送信は入会金、初期費用、月額利用料が無料なので結果として安い費用でインターネットFAXを利用できます。

今使っているFAX番号をそのまま使えるナンバーポータビリティサービスもあります。その点に関していえば、eFaxよりも簡単にインターネットFAXを導入できると言えましょう。しかし、1枚当たりの送信料が7円、受信料が8円となっているので、月々のFAX利用枚数をよく考えてから利用することをおすすめします。

秒速 FAX plusについて詳しくはこちら


こちらの記事もおすすめです!

シェア頂けると励みになります!

ブログ更新情報はこちらから発信しています。

【完全保存版】ショッピングカートASP徹底比較2018

運営者情報

荒木 厚(株式会社コクリ 代表)

デザイン会社、WEB運営会社を経て、「株式会社コクリ」を設立。 Wordpressを使ったWebサイトやネットショップの企画・制作、SEO・リスティング広告を使った集客支援をしています。