スイッチ | ブログ・サイト運営を応援するWebマガジン

ブログのネタがない!そんな時に更新しなければならない時の方法は?


ブログの更新が滞ることは、ブロガーであればよくある話です。
そこをどのように乗り越えるのかもまた、ブロガーとしての腕の見せ所ですが、気持ちが追い付かないこともあるのではないでしょうか。
そのような時、ブログ更新とどのように向き合うと良いのかを模索してみるとしましょう。

ブログは毎日の更新が大切だけどネタがない!

ブログの更新はできれば毎日が理想なのは多くのブロガーさんが理解しているはずですが、大切だとは分かっていても、いざブログを始めてみると初めのうちはネタもあるのでスラスラと記事をかけるものの、次第にネタがなくなり、文章が短くなり、更新も滞り、気付けば放置のような状態…というブロガーさんはとっても多いです。

「更新しなければ」という気持ちはあるものの、かといって書くものもない…。
いわばブロガーさんにとっての「壁」です。この壁はブロガーにとってどうしても乗り越えなければならないものです。

ネタは作ろうとするよりも湧いてきたことを

まず、ネタを「作ろう」と思っても思い浮かばない時には難しいものです。
モチベーションが低い時、あるいは何も思い浮かばない時にはパソコンの前にいても、スマートフォンを握りしめても何も出てこないものです。

そのような時に頑張って文章を作るのではなく、日常生活の中でふと「あ、これブログに書こう」と思ったことをメモなりスクリーンショットなりに記録しておくと良いでしょう。
ネタさえあれば筆が進むものの、ネタがないから更新が滞っているブロガーさんは、ブログを書く時だけ「何をネタにしようかな」と考えるのではなく、常日頃から自分の周囲にアンテナを張り巡らせ、ブログのネタになるようなことを見つけたら一言でも良いのでメモをしておくと良いでしょう。

例えば喫茶店に入って店員さんから心温まる接客をしてもらった時、「次のブログでこれを記事にしよう」ではなく、その場でスマートフォンのメモ機能でも良いので「喫茶店で店員さんが印象に残った」とでも書いておくだけで、後にメモを見た時「あ、これを書こうと思っていたんだ!」と思い出せるものです。

一度に長文をと思うとどうしても間延びする

ブログをと思った時、どうしても一度の作業で完了まで…と考えてしまいがちです。
もちろんそのような形でブログの更新を行うことも問題ないのですが、ネタが無い時に関してはなかなか筆が進まないのではないでしょうか。
ネタがある時であればすいすいと文章も書けることでしょう。

でも「ネタが無い時」となれば、少し文章を打っては手が止まって…の繰り返しになってしまいがち。
そんな時には無理に文章を作ろうとしてもどうしても間延びしてしまいがちです。文章そのものは長いものの、良く見れば同じような内容のことを表現を変えて繰り返しているだけというケースもあれば、「あれ」「これ」といった冗長な表現が目立つようになり、文字数にすればそれなりのボリュームであっても、読み手とすると「中身がない」と感じる文章になってしまいがちです。

これもまた、思いついた時にスマートフォンのメモ機能で良いので文章なりを入力しておくと良いでしょう。
例えば自分自身で1,200文字をノルマにしている場合、一度に1,200文字となればどうしても「ネタが…」となってしまいますが、200文字×6となれば、心理的にはハードルも下がるのではないでしょうか。
200文字程度であれば数分もあればスマートフォンでも入力できますので、ふと思ったこと、あるいは自分自身のやる気がある時にでもメモ代わりとして活用しておけば良いのです。

毎日の更新を「特定の日に」

ブログのネタとは不思議なもので、出てくるときにはどんどん出てくるものの、出てこない時にはなかなか出てこないものです。
出てこない時には何十分、何時間とパソコンやスマートフォンと睨めっこせざるを得ない時もあることでしょう。

そのような時に無理にブログを頑張ろうとしても、先に挙げたように中身の無い物だったり、あるいは自分自身が楽しんでいないので読者としても読み応えの無いブログだと感じ、結局はせっかくの読者を手放してしまうことにもなりかねません。それよりも、意欲のある時に何本もまとめてストックを作っておくのも良いでしょう。

意欲のある時は、ブログもすぐにできあがりますし、意欲のある時に書いた文章の方が、自分で読み返しても面白いと感じるものです。
そこで、意欲のある時にまとめてブログを作成し、予約投稿するなりパソコンやスマートフォンに保存しておけば、常に「自分が意欲的に制作した記事」ばかりになります。

まとめ

ブログ更新はネタを含めて自分自身のモチベーションも大切です。
ネタがないとモチベーションも低下していくものですが、裏を返せばネタがあればモチベーションも維持できますので、ブログを作成する時だけではなく、日常生活の中で常に「ブログのネタになりそうなもの」に気を付けつつ、ネタを見つけたらその場でメモを取る習性を身に着けておくと、ブログ更新のモチベーションは低下しないはずです。

著者プロフィール

二宮祐介

大学卒業後、会社員を経てWEBライターとして活動中。企業向け案件から個人向けまで様々な仕事をこなしてきた自由な男。


Sponsored Links

こちらの記事もおすすめです!

シェア頂けると励みになります!

ブログ更新情報はこちらから発信しています。

【完全保存版】ショッピングカートASP徹底比較2018

運営者情報

荒木 厚(株式会社コクリ 代表)

デザイン会社、WEB運営会社を経て、「株式会社コクリ」を設立。 Wordpressを使ったWebサイトやネットショップの企画・制作、SEO・リスティング広告を使った集客支援をしています。