スイッチ | ブログ・サイト運営を応援するWebマガジン

【簡単にサイトのフォーム作成】 意識したい5つのポイントとは? おすすめのフォーム作成ツール3選


ここではサイトにフォーム画面を設置したい人向けに参考になる情報を紹介します。
通常、フォーム画面というとプログラムの知識がないと作成が難しいです。
しかし最近はそういった知識がなくても、簡単にサイトに貼り付けられるサービスがあります。
フォームを設置するときに意識したい5つのポイントを紹介します。

意識したい5つのポイントとは?

値段

フォーム設置には無料のものと有料のものが存在します。
無料のものは使用できる機能に制限が多いですが、基本的なものは使用できるのでそこまで困りません。
ただほとんどが広告やフォーム製造元クレジットが表示されるため、会社などの設置には向いていないです。

個人的な趣味でフォームを設置したい人、個人運営の会社でそこまで細かいことは気にしない人でしたら、無料でも問題ないでしょう。

会社で長期的なフォーム設置を考えているなら、会社の格にも関わってくることなので、有料プランを検討した方が良いでしょう。
尚、有料プランは安いと1,000円程度、ちょっと高いと5,000円から1万円越えのものなどがあります。

「まだお客さんがたいして来ていないので、そこまで予算をかけたくない」ということでしたら、最初は無料から始めて、その後有料プランを検討するという形でも問題ないでしょう。

カスタマイズ性

フォーム作成はカスタマイズ性も意識してサービスを選びましょう。
フォームと言っても、求めるものは様々。

アンケートに答えていくような選択肢タイプもあれば、自由回答で回答者が好きなように書き込んで良いフォームもあります。

そして、個人情報を入力するときは郵便番号から住所表示がされるものがあると、回答者にとって負担も少なく便利です。

また、中には複数のデザインから選べるサービスもあります。
既存サイトのイメージに合っていないと違和感があるので、そういったデザインの幅があるものを意識して選ぶと良いでしょう。

将来的には、サイト自体を変更することもあるかもしれません。
どういったサイトでも違和感なくフィットするものを意識して選ぶことが大事です。

そしてユーザー層によっては、スマホでの利用者が多い可能性があります。
スマホ対応のフォームがあるかも重要なポイントです。

使いやすさ

使いやすさはフォーム設置の運営者側と回答者側両方に言えます。

誰でも簡単に質問や注文フォームを設置できるようなサービスが良いですね。
時にはサイト運営者の担当が変わることもあるでしょう。
そういった時に使いにくいものだと引継ぎが難しくなってしまいます。

すでにテンプレートの質問が用意されていて、質問内容を変えるだけなど、設定の大枠を特にいじる必要がないものだと便利です。

そして、運営者のメンバー登録が複数名できると便利。
複数のパソコンから編集できるようになります。
これなら担当者が休んでしまっても他の人がすぐに対応できるでしょう

そして回答者にとっても、分かりにくいもの、選択の仕方がよくわからないものがあると、めんどくさがって最後まで回答せず、サイトから立ち去ってしまうことがあります。

一目見て分かりやすいフォームが用意されているサービスを選びましょう。

機能性

有料プランだとトラッキングコードを設置し、コンバーション率を確かめることができるサービスが多いです。
どれぐらいの人がフォーム画面に進んで、何割ぐらいが実際に資料請求や購入に至ったのかデータとして調べることができます。

コンバーション率が低ければフォームの内容を変更したり、デザインを変えるといった調整が可能になります。

また、容量もサービス選びに重要です。
たくさんの回答が得られると、受けられる件数が100件まで、データに残しておけるのが100件までなどと制限が決まっているものがあります。

有料プランではそこまで容量を気にする必要はないのですが、無料だとそういった制限を気にしなければいけないので注意しましょう。
無料だと回答の保存期間も短いものが多いです。

プラン変更

将来的なことも考えて無料と有料の両方を提供しているプランがお勧めです。
今は無料のフォームで満足していても、将来的にはやっぱり広告表示がないものが良い、機能面でもっとすぐれたものにしたいという考えになる可能性があるはずです。

そこで無料から有料プランへの変更がないと全く違ったサービスを探さなければいけません。
そうなると機能面を把握するのに時間がかかってしまいます。

特に会社などの場合は注文が殺到する可能性も秘めています。
できるだけ多くのお客さんの回答に対応できるようなフォーム設置を考えておきましょう。

おすすめのフォーム作成ツール3選

ここからは、おすすめのフォーム作成ツールを紹介します。

formrun

最初はformrun
無料と有料プランがあります。
有料は月額4,980円と12,800円のものがあります。

有料と無料の大きな違いはクレジット表示、Google Analyticsとの連携、メールサポートを受けられるかどうかなどの違いがあります。

Google Analyticsとの連携が可能になると訪問者の行動が把握できます。
例えば、「10人購入フォームに移ったが、実際に購入したのは2人だけだった」などの情報もわかります。

また、使い方がよく分からない運営者向けにメールサポートを用意しています。
まずは無料から初めて有料プランに変更するということも可能なので、お勧めのフォーム作成サービスです。

formrunについて詳しくはこちら

フォームメーラー

フォームメーラー月額1,250円(税別)の有料サービスとなります。
無料プランがないのが痛手ですが、有料としてはかなり安く有能。

安いプランですが、安っぽいフォームではないので全く違和感なく設置できます。
お申し込みフォームやアンケート、注文、エントリーなどさまざまな活用が可能になります。

フォームメーラーの特徴としては、質問内容などをドラック&ドロップで直感的に設置できること。

「テキストフィールド」、「リストメニュー」などすでに設置できる項目が用意されているので、それをペタペタ貼り付けるようにフォーム作成できます。

サイト作成やHTMLなど、全く知識がないという人でも簡単に設置できます。
値段も安く、クレジット表示もないので長期的な使用にも向いています。

フォームメーラーについて詳しくはこちら

イージーメールフォーム

イージーメールフォームはどちらかというと大手企業やプロ向けのフォーム作成サービスです。
一度買い切りのダウンロード版(69,800円税込)と、月額費で払っていくタイプの2種類があります。

月額費のプランはライト(32,400円税込)、スタンダード(37,800円税込)、プレミアム(48,600円税込)に分かれます。

管理者ログイン時にIP制限機能を設けるなど、セキリティーに長けているのが特徴です。
データの外部流出など心配な企業にはおすすめのサービスとなっています。

また、回答者に対しても画像認証を設けるなどしてスパム対策も可能になります。
迷惑行為を阻止するのにも便利です。
このサービスはどちらかというと、すでに多くの回答者が予想されるというケースに向いています。

イージーメールフォームについて詳しくはこちら

まとめ

以上、フォーム作成に関するサービスを紹介しました。
これからフォームを設置したいという方は値段だけでなく、機能面や将来性なども考慮してサービスを選ぶと良いでしょう。
特にデータが収集できるものは、コンバーションに関わってくるので外せない項目です。

昔に比べてフォームのカスタマイズ性やテンプレートも増えていて使いやすいものが多いです。
高いお金を出してシステム会社に依頼する必要はなくなってきています。
是非、気軽に利用できるフォーム設置サービスを検討してみましょう。


Sponsored Links

こちらの記事もおすすめです!

シェア頂けると励みになります!

ブログ更新情報はこちらから発信しています。

【完全保存版】ショッピングカートASP徹底比較2018

運営者情報

荒木 厚(株式会社コクリ 代表)

デザイン会社、WEB運営会社を経て、「株式会社コクリ」を設立。 Wordpressを使ったWebサイトやネットショップの企画・制作、SEO・リスティング広告を使った集客支援をしています。