スイッチ | ブログ・サイト運営を応援するWebマガジン

ブログ運営者が知っておきたい集客術!


ここでは、ブログで集客アップにつながる方法を紹介します。
一般的に推奨される「コメント回り」や「いいね!」はここではお勧めしません。
そういったものは手を休めると、次第にアクセスが減ってしまうので疲れる作業です。
半永久的にアクセス数が継続できるような集客術を紹介します!

ジャンルを特定する

一般的にブログというと、「日常的なことを書くもの」という意識があるかと思います。
ただ、有名人や芸能人でない限り、一般人の日常なんて興味がない人が大半です。

そうなると、一般人でも目を向けてもらうには興味のある内容を書き続けることが必要。

そこでお勧めの方法が、ジャンルを特定すること。
記事内容を特定すると、すべての人を対象とした内容ではなくなってしまうのですが、興味がある人が集中すれば普通のブログを書くよりもよっぽどアクセスが集まります。

例えば、ホームベーカリーに絞ったブログ。
記事内容は全てホームベーカリーのことで、「どんなパンを作った」、「こんなこともできる」といった記事をたくさん書き込めば、ホームベーカリーでパンを作りたい人があなたのブログに集中します。

例えば、ホームベーカリーでパンを焼くときにシーチキンやトウモロコシを使ったとしましょう。
そうすると、検索で下記のような言葉であなたのブログがヒットします。

「ホームベーカリー パン シーチキン」
「ホームベーカリー とうもろこし」

このようにいろんな食材を使ってパンを作れば、それだけアクセスも増えていくはずです。
ブログタイトル、記事タイトルもホームベーカリー、あるいは商品名を入れたものがお勧めです。

ただジャンルを特定した方が良いですが、今後何記事も書けることを想定した題材が良いでしょう。

言葉、キーワード選びを意識する

ブログを書くときは、ネットで検索する人のことを考えた言葉遣いが大切です。
例えばホームベーカリーを買った時、

「これ、買っちゃいました」という表現はNG。

「ホームベーカリーが欲しくて、パナソニックのGOPANを買っちゃいました」と記載した方が検索キーワードに引っかかりやすくなります。

文章はちょっと、くどいぐらいにキーワードを盛り込んだ方がSEO対策にもなって集客につながります。
では、下記の文章だとどちらが良いでしょうか。

A:「仕上がりはモチモチした食感になっていて美味しかったです」
B:「ご飯を入れた方がモチモチした食感のパンになって美味しかったです。」

「モチモチした食感」というだけではいろんな食べ物に該当しますね。
しかし、「ご飯」と「パン」というキーワードがあれば、パンを作る時にご飯を入れたのかなというイメージが湧いてきます。

検索でも「ご飯 パン」というキーワードで調べてくる人が訪れる可能性があります。
このように自分が検索することも想定した言葉選びが大切です。

有益な情報を提供する

集客力を高めるには、商品紹介に載っていないような情報を提供することです。

例えば、商品紹介では外観しか載っていない商品もあります。
ホームベーカリーで言うなら、中を開けてどのような大きさになっているのか伝えましょう。

例えば、中にリンゴを入れてみて、大きさがわかるような写真を載せるのもグッド。
特に写真や動画は人を引きつける効果があるので使用した方が良いでしょう。

そして有益な情報は細かいところの指摘、あるいはデメリットも伝えることを意識してみましょう。
例えば下記のような形です。

「ホームベーカリーの回転する羽根の部分がめっちゃ洗いにくい・・・。ホームベーカリーを使用するときは使わない歯ブラシとか用意しておいた方が良いかも。掃除がちょっと大変。」
「ホームベーカリーの説明書には『発酵時間15分』と書いてあったけど、20分以上はやったほうがいいかも。その方がふわっとしたパンに仕上がりました。」

このように体験者ならではのコメントがあった方がよりイメージしやすくなり、読者にとって為になる情報になります。
商品を紹介する時はついつい売りたくなって、メリットばかり紹介する人もいますが、デメリットも時折混ぜた方が信憑性が増すのでお勧めです。

旬のネタを書く

これは継続的なアクセスという意味では期待できないのですが、爆発的なアクセスアップにつながる可能性を秘めています。

例えば、テレビでホームベーカリーを使用して緑茶パンを作っていたとしましょう。

それをいち早く取り入れて、「私も○○(番組名)を見て、ホームベーカリーに緑茶を入れてみた!」というブログを書けば、アクセスが期待できます。

その際、必ず番組名を入れましょう。
「番組名 緑茶パン」などで検索する人がいるからです。

そして、テレビと同じように実践してみてどうなったのか。
「テレビではベタ褒めだったけど、実際に作るとあまり緑茶の味がしなくて美味しくなかった。」など、実体験に基づいたブログを書くとアクセスが集まります。

テレビ以外にも雑誌、イベントなど何か取り上げられていて、話題になっているものなら何でも良いです。
いち早くブログにするとアクセスアップに繋がります。

まとめ

以上、ブログの集客術について紹介しました。
流行り廃りがなくて長きにわたって人気があるジャンルを意識してブログを書いてみましょう。

あまりライバルがいないジャンルだと、あっという間にアクセスが集まりますよ。

著者プロフィール

2010start

埼玉県出身の30代。
ライティング、アフィリエイトを行い、継続的なアクセスアップを実現し、専業で8年。
SNSに頼らずブログ、サイトを主体とした運営が基本。


Sponsored Links

こちらの記事もおすすめです!

シェア頂けると励みになります!

ブログ更新情報はこちらから発信しています。

【完全保存版】ショッピングカートASP徹底比較2018

運営者情報

荒木 厚(株式会社コクリ 代表)

デザイン会社、WEB運営会社を経て、「株式会社コクリ」を設立。 Wordpressを使ったWebサイトやネットショップの企画・制作、SEO・リスティング広告を使った集客支援をしています。