スイッチ | ブログ・サイト運営を応援するWebマガジン

「文賢」で校閲や推敲が簡単に!その魅力に迫る!


ここでは文賢の機能や使い方、値段などについて見ていきます。
文賢は読者にとって読みやすく、より理解が深まるような文章にしてくれると人気のサービスです。
校閲や推敲に時間がかかっていた、という方に特におすすめです。

文賢とは?

文賢は、文章に対して校閲、推敲を一括でやってくれるサービスです。
今まで目視による修正をしていたものを、機械で自動的に修正してくれます。

文賢にはすでに文章表現が多数内蔵されていて、似たような文章に言い換えることも可能です。
その数3,500を超えるので、他者と文章が似通ってしまうということもないでしょう。
今後も文章表現は増えていく可能性があります。

執筆者は大して気にならなくても、読者は文章の間違いや表現の間違いが気になるものです。
それによって、「文章の内容が頭に入ってこない」という状況になってしまうことも・・・。

正しい日本語で、教科書のような文章が仕上がります。
ブログやサイト運営者はもちろんのこと、プロのライターさんや編集者でも使用できるほどの支援ツールです。


▲文章表現機能


▲アドバイス機能

また、会社で資料を配布したり、発表する機会があるという人も、こちらのツールで推敲してから文章を構築すれば、どこに出しても恥ずかしくない文章が完成します。

文賢は自分自身の勉強にもなる

文賢はツールに文章を流し込むだけで簡単に構成してくれます。
そしてこの出来上がった文章を、改めて自分自身で読むことで今まで勘違いしていた表現や思い込みの漢字などを訂正することができます。

例えば、「役不足」という言葉。

Aさんというスキルのない人がいたとしましょう。
その人に大役を任されると、「Aさんには役不足」という表現を使ってしまっている人がいます。

しかし、これは間違い。
役不足というのはその人にとって仕事が楽すぎたり、軽すぎる時に使う表現です。

Aさんにとっては大変なことですから、役不足ではなく力不足というのが正しい答え。

Bさんというスキルのすごい人が、たいしたことがない役を任された場合は「Bさんには役不足」という表現になります。

このように勘違いしている表現って結構たくさんあります。
それを全て機械で校正してくれるのはありがたいですね。


▲校閲(こうえつ)支援

世の中にある文章は、ほとんどが人の手によって記載されているものですから、どうしてもミスがあります。
そういったものをたまたま見てしまって、それが印象として残ってしまうこともあるでしょう。

しかしこの文賢を通せば、100%と言っても良いぐらい完璧な文章が出来上がります。
正解がいつでも確認できるので、自分の文章力や語彙力アップにも役立ちます。

文賢の使い方とは?

文賢はWeb上で動くクラウドツールです。
例えば、PhotoshopやIllustratorのようにソフトをパソコンにインストールして使うというものではありません。

ネット上で起動するものなので、パソコンに必要以上に負荷をかけないというメリットがあります。
権利を購入すると、ログインから文章を入力する画面へ移ります。

そして文章を流し込み、推敲するだけです。
尚、推敲する項目は多岐に渡って個別設定できます。

例えば、「話し言葉」。
話し言葉はどうしてもくだけた表現が多いですから、それまで全て直してしまうと硬い文章になってしまいます。

「話し言葉だけはチェック項目から外す」という方法も可能です。
特に体験談やインタビューなどでは、話し言葉が文章内によく使われていますから、この機能は非常に役に立ちます。

また、文字の揺れを直すチェック項目もあります。

例えば、「Webデザイナー」という言葉。
人によっては「WEBデザイナー」、「ウェブデザイナー」と表記することもあるでしょう。

これらの文字を事前にユーザー辞書登録することによって、統一することができます。

「この表現が出てきたらこういった表記」、というものが事前に登録できるのでかなり楽です。

揺らぎを防止する機能は、料理記事を書く人は特に重宝するでしょう。

  • 白菜、はくさい、ハクサイ。
  • 林檎、りんご、リンゴ。

食材は特にどんな表現でもおかしくありませんからね。
ただ文章全体で表記の仕方が違うと気になってしまいますから、ぜひ登録して統一してみてみましょう。

月額1,980円で利用可能

文賢は月額1,980円(税込)から利用できます。
ただし初回のみ初期費用として1万800円(税込)がかかってしまいます。

これが高いと感じるか、安いと感じるかは人それぞれだと思いますが、この作業を全て人がやると想定してみましょう。

アルバイトさんを雇っても、1ヶ月のお給料が1,980円で済むなんてありえないですね。

それにアルバイトさんだと、さらにミスをするかもしれません。
人件費と正確性で考えると、かなり安く感じるのではないでしょうか。

また、1ヶ月どのぐらい利用しようが1,980円というのは変わりありません。
それでしたら、あらかじめ構成した文章を用意して、数ヶ月だけ使うという方法もありですね。
それなら長期的負担も少なくて済むでしょう。

いずれにしても、文賢は、公の場で文章をリリースしたいと考えている方には検討する価値のあるサービスと言えそうです。

文賢について詳しくはこちら




Sponsored Links

こちらの記事もおすすめです!

シェア頂けると励みになります!

ブログ更新情報はこちらから発信しています。

【完全保存版】ショッピングカートASP徹底比較2018

著者情報

荒木 厚(株式会社コクリ 代表)

デザイン会社、WEB運営会社を経て、「株式会社コクリ」を設立。 Wordpressを使ったWebサイトやネットショップの企画・制作、SEO・リスティング広告を使った集客支援をしています。