スイッチ | ブログ・サイト運営を応援するWebマガジン

中古ドメインって効果あるの?上手な使い方とは?


「中古ドメインは効果があるのか?」、賛否両論ありますが、今も変わらず「ある」というのは間違いないでしょう。

中古ドメインの効果が無ければ、中古ドメインを販売している業者やオークションなど、とっくに倒産しているはずです。
しかし、今でも効果が期待できるドメインに対し、高額な料金が設定されています。

中古ドメインはどのように使いべきか、詳しく見ていきましょう。

中古ドメインの上手な使い方

中古ドメインはメインサイトで使うか、あるいはサテライトサイトとして被リンクのために使うか、2通りがあります。

また、メインもサテライトも両方中古ドメインという人もいますね。

ただ、中古ドメインの効果を把握したいならメインサイトは独自ドメインを用意し、サテライトサイトに中古ドメインを使った方が検証しやすいです。

まずはメインサイトに十分なコンテンツ量を用意しておきます。
少なくとも50ページ、できれば100ページぐらいは用意したいですね。

サイト運営歴や知名度にもよりますが、最初はそんなに多くの被リンクはつかないはずです。

そこで中古ドメインを購入し、メインのサイトにリンクを当てていきましょう。
中古ドメインはできれば20ページから30ページぐらい用意したいところです。(多いほど効果も期待できます)

リンクを当てて1週間、2週間、そして1ヶ月、2ヶ月と検証し、順位変動がどれぐらいあるのか見ていきましょう。
他サイトとの兼ね合いもあるので断言できるわけではありませんが、リンクを当てて順位が上がるようであれば、「その中古ドメインに効果があった」ということになります。

中古ドメインを利用する際のポイントは、結局効果があったのかよくわからないという状況を避けること。

そのためにはまず、まっさらなサイトを用意して、そこに中古ドメインのリンクを当てていく方法が最も検証しやすいです。

中古ドメインはどんなものを利用すればよい?

中古ドメイン屋さんやオークションでは7000円程度のものもあれば、10万円を超えるような中古ドメインもあります。

「値段が高いドメイン=あなたにとって良いドメイン」というわけではありません。
もちろんそれだけ価値があって、そのような値段になっていると考えられますが、ジャンルなどを総合的に判断して購入した方が良いです。

例えば、あなたが育毛関係のサイトを運営していたとしましょう。

  • 学校関連のサイトが閉鎖され、それが5万円で売っているドメイン
  • メンズエステのサイトが閉鎖され、それが3万円で売っているドメイン

育毛関係にジャンルが近いサイトとして考えると、やはりメンズエステの方です。

Googleは同じようなジャンル、関連性の高いジャンルからのリンクを重視する傾向がありますから、そういったことも考慮して中古ドメインを入手したいですね。

運営履歴を必ずチェックしよう

中古ドメインを入手するときは単純に値段やジャンルだけで選ぶのではなく、過去の運営履歴もチェックしましょう。

例えば、その中古ドメインがあなたと同じような思惑でサテライトとして使っていた可能性もあります。

しかし、1年ほどでもし手放していれば、結局は効果がなかったという表れ。
もし数年間で色々なサイトが入れ替わり立ち代り運用されているようなら、ほとんど意味のないドメインと言っても良いでしょう。

できれば一つの会社や学校、団体などが長く使っていたドメインが望ましいです。
そして、英語表記だったサイトではなく、日本語で運用されていたドメインがベストです。

尚、ドメイン運用利益はこちらのサイトで確認できます。

中古ドメインは決して安い買い物ではありませんから、十分調査を行ってから購入するようにしましょう。


Sponsored Links

こちらの記事もおすすめです!

シェア頂けると励みになります!

ブログ更新情報はこちらから発信しています。

【完全保存版】ショッピングカートASP徹底比較2018

運営者情報

荒木 厚/アラキアツシ

デザイン会社、WEB運営会社を経て、「株式会社コクリ」を設立。 市場調査からマーケティング戦略の立案、インターネット広告を活用したWEBプロモーションなど、商品サービスがブランド化されるまでのトータルプロデュースを行う。 株式会社コクリ 代表