スイッチ | ブログ・サイト運営を応援するWebマガジン

WordPressのバックアップは必要?プラグイン紹介も


WordPressサイトをバックアップする必要性や、その方法、バックアップ系プラグインについてまとめてあります。WordPressの制作や運営をする方の参考にしていただければ幸いです。

バックアップが必要な理由とは?

本稿のテーマはバックアップですが、そもそもバックアップはなぜ必要なのでしょうか?忙しいWebサイト運営の合間に、やるだけの価値があることなのでしょうか?

WordPressでバックアップをする方法について解説する前に、バックアップをすべき理由を確認しておきましょう。

いざという時のために

Webサイトを運営していると、突然ページが表示されなくなったり、なんらかのエラーが発生することがあります。また、改竄などのセキュリティ被害に遭う可能性もゼロとは言えません。

バックアップを取っていれば、こういった状況に遭遇しても素早くサイトを復旧することが可能です。逆にバックアップがなければ、最悪ゼロからサイトを作り直す必要も出てくるかもしれません。

ページ改修をスムーズにするために

Webサイトは作って終わりではなく、リニューアルをしたりページ改修をしたりします。こういった作業では、バックアップを取ることが一般的です。はじめからバックアップデータがあれば、スムーズに制作を進めることができるでしょう。

WordPressサイトをバックアップする方法

それでは本題に入っていきましょう。WordPressをバックアップするには、大きく分けて2つの作業があります。順に見ていきましょう。

ファイルをバックアップする

一つは、WordPressサイトを構成しているファイルをバックアップします。とは言っても、全てのファイルを丸ごと取っておくのはおすすめしません。データ量が大きくなってしまい不便だからです。

最低限必要なのは、「wp-content」ディレクトリ以下のファイルです。ここにはプラグインやテーマ、アップロードした画像などが含まれています。これに加えて、適宜必要なファイルをバックアップしておきましょう。

データベースをバックアップする

もう一つは、データベースです。WordPressはアカウントや投稿など、さまざまな情報をデータベースに格納しています。これも併せてバックアップしておきましょう。

データベースをバックアップする方法はいくつかありますが、phpMyAdminなどのツールを使う方法が簡単でおすすめです。データベースの操作に慣れていない場合は、後述するプラグインを活用するといいでしょう。

バックアップ系プラグイン2選

WordPressサイトのバックアップに使えるプラグインを2つご紹介します。スケジュール機能や復元機能などの機能を活用すれば、効率的にバックアップができますよ。

BackWPUp

BackWPUpは、バックアップ系プラグインとしては非常に有名です。バックアップを定期的に行ってくれるスケジュール機能や、圧縮機能、保存先の指定(GoogleドライブやAmazon S3なども選択可能)などの便利機能が備わっています。

BackWPUpはこちら

UpdraftPlus WordPress Backup Plugin

こちらもバックアップ専門のプラグインとして評価が高いです。バックアップだけでなく、WordPressサイトをリストア(復元)する機能も備わっています。

UpdraftPlus WordPress Backup Pluginはこちら

あとがき

WordPressサイトのバックアップに関して、その必要性や方法、おすすめのプラグインについてまとめました。記事で解説したように、バックアップはサイト運営では必須です。まだの方は、ぜひバックアップを行うようにしてください。


Sponsored Links

こちらの記事もおすすめです!

シェア頂けると励みになります!

ブログ更新情報はこちらから発信しています。

【完全保存版】ショッピングカートASP徹底比較2018

運営者情報

荒木 厚(株式会社コクリ 代表)

デザイン会社、WEB運営会社を経て、「株式会社コクリ」を設立。 Wordpressを使ったWebサイトやネットショップの企画・制作、SEO・リスティング広告を使った集客支援をしています。