スイッチ | ブログ・サイト運営を応援するWebマガジン

レンタルサーバーをアフィリエイトで使う時にチェックするポイント


アフィリエイトを始めたいと思うのならば、レンタルサーバーを借りてサイトを運営していくことが必要になります。無料ブログでサイト運営を行おうと思っても、広告が貼れない、レイアウトを弄くれない、掲載できる内容に制限があるなど、大変自由度が低いのです。そこでアフィリエイト向けのレンタルサーバーを選ぶ時に、重視すべき点はどこか、ポイントを絞ってお伝えします。

ドメインを作れる数に制限がない

アフィリエイトはすぐに成果が出るといった副業ではなく、どうしてもサイトを作り込む、色々なアプローチを試すなど、試行錯誤をしていってようやく成果が出るものです。自分にあった商材やテーマ選びも重要になりますし、サイトのデザインなども作り変える必要性が出てくることもあります。

成功を収めている人も、ほとんどはサイトを何回も作り直して、ようやく軌道に乗ったという人がほとんどです。サイトを作るためには、そのサイトにあったドメインを取得しなければいけませんが、サイトの作り直しが必要になった時に、取得ドメイン数に制限があるようなサーバーでは、自分が考えたサイトを作れないということもあります。ドメイン数できれば無制限に設定できるものにしておきましょう。

またサイトの容量も重要になります。女性向けのサイトなどは、画像や動画を多数掲載する必要がある物も多いでしょう。サーバーの容量に制限があると、当然画像などの重いデータをすべて載せることができなくなってしまいます。使い料金を払えば制限を緩和できる、容量を増やせるサーバーも多いので、はじめは少なめで契約し、サイトを大きくしたい時に追加契約するという手段もあります。

WordPressのインストールが可能である

最近更新やデザイン、昨日の追加などが容易に行えるCMSである、WordPressを使用したサイト制作が主流となってきています。各種のプラグインを追加するだけで、サイトのカスタマイズが用意であり、基本的にCMSなので、ウェブサイト更新用のソフトやツールなどを使わずとも、管理画面(ダッシュボード)から記事の更新をすることができます。家や職場の決まったパソコンからではなく、どこのパソコンからでもアクセスできればサイトの更新が可能なので、忙しい人にとっては特に需要があるのです。

そんなワードプレスですが、使用するためにサーバーにまずWordPress本体をインストールする必要があります。WordPressのインストールができない、もしくは大変手間がかかるサーバーもありますし、逆にhetemlなどはWordPressのインストールがワンクリックでできるなど、運用やインストールがかんたんなレンタルサーバーもあります。WordPressでサイトを作っていくことを考えるのであれば、WordPress導入可能かつ容易なレンタルサーバーを選びましょう。

サイトの安定性やサポート面が優れている

レンタルサーバーにアクセスが殺到することはサイト運営側から見れば大変喜ばしいことでしょう。しかしずっとアクセスが集中すると、毎日の転送量をオーバーし、サイトの表示が遅くなる、もしくはエラーが発生することもあります。今のグーグルはサイトの表示速度も検索順位表示の基準の一つにしていますので、表示が遅いサイトはどんどん表示順位が下る恐れがあります。サイトの表示速度が早く、簡単に落ちることのないレンタルサーバーの導入も重要なポイントです。

また万が一のトラブルの時に、どのようにサポートをしてくれるかも選定基準の一つになります。サポート受付時間はいつなのか、メール、電話、チャットなど連絡手段も豊富な方が良いでしょう。毎月のレンタルサーバー代が安いところほど、当然ですがサポートも貧弱なので、あまり安いところを選びすぎるのも、問題です。さくらインターネットはサポートに定評があります。

まとめ

レンタルサーバー代は毎月の固定費になるので、売上がたつまでは負担に感じがちです。一方売上が伸びてくれば、簡単に売上で吸収できるほどの金額とも言えます。安心安全に使えるレンタルサーバーを選び、容量や制限はサイト規模が拡大するに従って、料金を追加し、制限を緩和していけばいいでしょう。


Sponsored Links

こちらの記事もおすすめです!

シェア頂けると励みになります!

ブログ更新情報はこちらから発信しています。

【完全保存版】ショッピングカートASP徹底比較2018

著者情報

荒木 厚(株式会社コクリ 代表)

デザイン会社、WEB運営会社を経て、「株式会社コクリ」を設立。 Wordpressを使ったWebサイトやネットショップの企画・制作、SEO・リスティング広告を使った集客支援をしています。