スイッチ | ブログ・サイト運営を応援するWebマガジン

シマンテックのSSLサーバー証明書の評判が良い理由とは?


ここではシマンテックのSSLサーバー証明書について解説していきます。
SSLサーバー証明書は徐々に認知度も上がってきていて、「ウェブサイトのセキュリティをアップさせてくれるもの」という認識ぐらいはあるのでは。

SSLサーバー証明書の中でシマンテックのSSLサーバー証明書は認知度が高く、信頼性もあり、評価が高いです。その特徴について見ていきましょう!

SSLサーバー証明書は何を基準に選ぶ?

SSLサーバー証明書は安全性、信頼性、知名度、料金などを基準に選ぶかと思います。
その中で評価が高いのがシマンテックのSSLサーバー証明書。

下記のマークを見にしたことがある方も多いのでは。

Webページを見ている時、下部にこのようなロゴが入っている場合、SSLサーバー証明書対応ホームページとなっています。

シマンテックのSSLサーバ証明書を利用しているサイトが多いのは、やはり各種Webブラウザに対応している点が一番大きいと考えられます。

例えばパソコンを見るときに使うのはInternet Explorer、Firefox、Google chrome、Safari、Operaが多いでしょう。
そしてスマートフォンの場合はiPhone、Android、Blackberry、Windows Mobileなどがほとんどです。
これら全てのブラウザにシマンテックのSSLサーバー証明書は対応しています。

つまり「どのようなブラウザからアクセスした人に対しても、安全性を確保できる」のが大きな強みです。

例えば警備会社を選ぶときも知名度があって、どんなシチュエーションでも警備してくれるセコムや綜合警備保障がいいという会社も多いはずです。

それと同じようにサイト上の安全性を高めるならシマンテックのSSLサーバー証明書にしておこうと考えている企業も多いです。

今では全ページSLL対応にしている?

SLL対応ページというと、今まではログインページやお問い合わせフォーム、ショッピングサイトの買い物カゴなどで採用されることが多かったです。
普通のページまでSSL対応しているサイトは少なかったですね。

しかし近年はそれだけでは十分なセキュリティ保護には至っていないという理由で、トップページから下層ページまですべてSSL対応ページ(HTTPS化)にしているサイトが増えてきました。

その背景として、「Firesheep」と呼ばれるアカウント情報盗聴機能が登場してしまったので、それに対応するためセキュリティを強化するところが増えてきたと考えられます。

FiresheepはHTTPS化されていないページから侵入してきてしまうので、それを防ぐため個人情報を入力しないようなページでもSSLを採用するケースが増えています。
これにより、データ改ざんや不正閲覧が減り、安全性が更にアップしました。

重要度に合わせてSSLサーバー証明書を選べる

シマンテックのSSLサーバー証明書が人気がある理由として、サイトによって複数の認証システムを用意していることでしょう。

例えば、個人のサイトで外部に向けているわけでないサイトならドメイン認証の証明書で十分。

外部の問い合わせに対応するようなものなら企業認証。
ショッピングカートを用意し、クレジットカードの入力が必要になる場合なら、EV認証がお勧めです。

シマンテックのSSLサーバー証明書は下記4つのコースが用意されています。

  • シマンテックセキュアサーバID
  • シマンテックグローバルサーバID
  • シマンテックセキュアサーバID EV
  • シマンテックグローバルサーバID EV

セキュアサーバとグローバルサーバの違いですが、暗号化強度の違いを表したものです。
セキュアサーバの場合は強い暗号化強度に対応したブラウザであれば順応できるんですけど、グローバルサーバの場合は低い暗号化強度しか対応できていないブラウザでも高い暗号化強度水準まで引き上げて対応できるというものです。

ちょっと分かりにくいので簡単に言うと、「どんなブラウザでも高いセキュリティに引き揚げてくるのがグローバルサーバ」と解釈しておくといいかもしれません。

以上、シマンテックのSLLサーバー証明書について紹介しました。
シマンテックのSLLサーバー証明書は日本国内だけでなく、海外でも利用されているものなので、海外からのウイルスや攻撃に対しても有効です。

シマンテックのSLLサーバー証明書は普通に購入するよりクーポンを利用して購入できるサイト(KDDIウェブコミュニケーション)があるので、そちらを経由したほうが若干安くなります。

SSLサーバー証明書が格安で購入できるクーポンはこちら


Sponsored Links

こちらの記事もおすすめです!

シェア頂けると励みになります!

ブログ更新情報はこちらから発信しています。

【完全保存版】ショッピングカートASP徹底比較2018

著者情報

荒木 厚(株式会社コクリ 代表)

デザイン会社、WEB運営会社を経て、「株式会社コクリ」を設立。 Wordpressを使ったWebサイトやネットショップの企画・制作、SEO・リスティング広告を使った集客支援をしています。