熊本のSEO・リスティング広告ならWEBマーケティングのスイッチ。

【完全保存版】おすすめのバナー作成ツール5選


ここではサイトのバナー作成に役立つソフトやサービスを紹介していきます。
無料で利用できるものや有料のものなど様々あります。
そして初心者向けや画像作成にある程度慣れている方向けなどいろいろあります。

色々な方のニーズに合ったバナー作成ツールを紹介していくので、ぜひ自分に合ったツールを選択してみましょう。

バナープラス

まず最初に紹介したいのがバナープラスです。
バナープラスの特徴は素人でも簡単にプロが作成したようなバナーが作れること。

PhotoshopやIllustratorのようなデザイナーが使うソフトとは違い、バナーを作ることを前提としたソフトなので余計な機能がついておらず、使いやすさがあります。

素人が一から画像を作るのは容易ではありません。
それをカバーしてくれるのが、バナープラスがすでに用意している素材。

その数、実に4,400種類もあって自由に組み合わせて作成することができます。

これだけ数があれば、他のサイトとかぶってしまうという心配もないでしょう。
そしてその素材も様々な業種を想定したものが揃っているので、役立つ素材が多いです。

例えばヘルス関係の素材、不動産関係の素材、トラベル関係、その他物販系全般の素材など。
バナーは期間限定やキャンペーン、特価など、アピールしたいものがあるからこそ作りたいと考えているはずです。

そういったバナーを作ることを想定されたコメント付きバナーも用意されています。
例えば、吹き出しの「期間限定」、星型の「注目!」、目立つアイコンの「今回限り」など。
なにも手をいれず、そのまま使えるものばかりなのは大変助かります。

またもちろん、独自の言葉を入れることも可能です。
それ以外にも使用頻度の高い商品やグッズなどがあらかじめ用意されているのも嬉しいところ。
化粧品やバッグ、カード、リングなど様々な物販で利用されるアイテムが揃っています。

そして面白いのが、キャラクター画像を作れること!
例えば運営しているサイトオーナーの似顔絵を設定したり、会社の従業員紹介などにも使えますね。

これを使うだけでも素人っぽさがなくなりますし、プロのデザイナーさんに頼んだようなバナーがたくさん作れます。
デザインに自信がないという方には、王道ともいえるバナー作成ツールです。

有料で14,700円ですが、プロ向けのソフトより安いですし、画像を一から製作する工賃を考えれば十分安いと言えるでしょう。

バナープラスについて詳しくはこちら

ボタンメーカーPRO

初心者向けのソフトも紹介しましょう。
予め素材が用意されていて、購入価格も安いソフトといえば、ボタンメーカープロが挙げられます。

あまり凝ったバナーではなく、とりあえずオリジナルのバナーが作れれば良いという人向けのソフトです。
あらかじめ用意された素材から作るのも良いですし、自分で一から素材を集めてきて作ることも可能。

素材は、バナープラス程は無いので若干物足りない部分がありますが、吹き出しコメントや枠組みなどはあるので必要最低限の素材はあります。
ただ全部でも100種類程度なので個人のブログやホームページ程度と言えます。
お店や企業のホームページに使いたいという人には物足りなく感じるはずです。

作成機能としては、グラデーションや背景、枠線など必要最低限の機能を兼ね備えています。
ピクセル単位で調整し、画像を保存できるので機能的に劣るということはありません。

ダウンロード版で7,800円となっています。
しっかりとアップデートが行われ、動作環境に適した作業ができるので、サービス提供が終わってしまったソフトよりも、常時安定した制作環境を提供してくれます。

ボタンメーカープロについて詳しくはこちら

pixlr editor

続いて紹介したいのはpixlr editor
pixlr editorは「Photoshopを購入するのはちょっと抵抗があるけど、できるだけプロに近い高機能なバナー作成ツールがいい」という人に向いているオンライン型作成ツールです。

ソフトではないのでインストールする必要もなく、PCが重くなってしまうという心配もないです。
こちらはPC上で、無料で使えるサービスですが無料とはいえ、かなりの機能が内蔵されていて質は高いです。
例えばブラシ機能やレイヤー分け、画像の色調調整など、ほとんどPhotoshopと変わらない内容になっています。

pixlr editorはある程度、デザインの経験のある方向けと言えるでしょう。
バナープラスと違って素材が用意されているわけではないので、あらかじめ自分で素材を用意しておく必要があります。
また、言語も日本語以外も選べるので外国の方でも利用できるグローバルなものになっています。

基本的に一から画像を作る形ですが、URLから指定して画像を開いたり、PIXLRやFacebookの画像を開くことも可能です。(ただし、著作権侵害には注意しましょう。)

pixlr editorについて詳しくはこちら

GIMP

GIMPもpixlr editorと並んで有名なバナー作成ソフトです。

もともと外国でリリースされたソフトなので、ダウンロード時は英文になっていて、ちょっと戸惑うかもしれませんが、ソフトをインストールした後は日本語表記もあるので安心です。
こちらもpixlr editorと同様にPhotoshopに負けないぐらいのコンテンツが用意されていて、クオリティーの高いバナーを作りたい人向けのツールです。
画像の縮小拡大、文字の入力、透明度の変更、ブラシ加工など、ほぼフォトショップと同等のコンテンツになっています。

pixlr editorとそんなに性能自体は変わりありませんが、こちらはソフト型なので一旦自分のPCにインストールしてから利用する形になります。
GIMPは有名なソフトなのでネット上に使い方を説明しているサイトも多いですから、勉強しながら作成することも十分可能です。
ただ、素人にはちょっと難しいソフトといえます。

GIMPについて詳しくはこちら

PictBear

PictBearWindowsに準じた使い勝手の良いインターフェースで、Photoshopと似た見た目になっています。

カラーパレットも色を見て選択できるので、視覚的に分かりやすいです。
そして選択した色はRGBパレットに自動的に記録され、次から使う時も自分がよく使う色が表示されているので使いやすいです。

アルファチャンネルに対応していて、透過の画像を重ね合わせたり、色調を細かく設定することも可能。
ブラシはダウンロードし、様々なものをドラッグするだけで簡単に増やすことができます。

複数ドキュメントを開いて、さまざまな画像を並行して編集することもできます。
使いやすさはありますが、素材があらかじめ用意されているわけではないので、こちらも一からの作成が必要。

ソフトウェアの開発自体は終了してしまっています。
現在も利用できますが、今後のバージョンアップは期待できません。

PictBearについて詳しくはこちら

まとめ

以上、バナー作成に使えるツールやソフトを紹介してきました。
有料のものから無料のもの、初心者向きのものからプロ向きのものなど様々ありますね。

この中で特に使い勝手がいいのは、やはりバナープラスでしょうか。
予め素材がたくさん用意されているのは本当に助かります。

バナーは見よう見まねで作ろうとしても、どうしても素人っぽさが出てしまいます。
また無料素材をどこからか集めてきて作ろうと考えても、意外とイメージに合ったものは少なかったりします。

バナープラスで作成されたであろうバナー画像が、楽天などのネット通販でよく見かけますよ。

非常に利用頻度が高いことがわかります。
一方、そういった素材に頼らず、「一から作れるから大丈夫」という人はオンラインで利用できるpixlr editorがおすすめ!

オンライン上で利用できるので、起動までも早いですし、サクサク動くので使いやすいです。
性能的にも申し分ないので満足いくバナーが作れるでしょう。

バナー作成ツール人気ランキング

【1位】バナープラス

バナープラスの特徴は素人でも簡単にプロが作成したようなバナーが作れること。
PhotoshopやIllustratorのようなデザイナーが使うソフトとは違い、バナーを作ることを前提としたソフトなので余計な機能がついておらず、使いやすさがあります。

バナープラスについて詳しくはこちら

【2位】ボタンメーカーPRO

予め素材が用意されていて、購入価格も安いソフトといえば、ボタンメーカープロ。あまり凝ったバナーではなく、とりあえずオリジナルのバナーが作れれば良いという人向けのソフトです。
あらかじめ用意された素材から作るのも良いですし、自分で一から素材を集めてきて作ることも可能。

ボタンメーカープロについて詳しくはこちら

【3位】pixlr editor

pixlr editorは「Photoshopを購入するのはちょっと抵抗があるけど、できるだけプロに近い高機能なバナー作成ツールがいい」という人に向いているオンライン型作成ツールです。
ソフトではないのでインストールする必要もなく、PCが重くなってしまうという心配もないです。

pixlr editorについて詳しくはこちら


こちらの記事もおすすめです!

シェア頂けると励みになります!

ブログ更新情報はこちらから発信しています。

follow us in feedly

【完全保存版】ショッピングカートASP徹底比較2015

運営者情報

荒木 厚/アラキアツシ

デザイン会社、WEB運営会社を経て、「スイッチ」を設立。 市場調査からマーケティング戦略の立案、インターネット広告を活用したWEBプロモーションなど、商品サービスがブランド化されるまでのトータルプロデュースを行う。 スイッチ 代表@熊本