熊本のSEO・リスティング広告ならWEBマーケティングのスイッチ。

初心者にもやさしく解説!ワードプレスの基礎知識


特別な知識がなくてもウェブサイトが作れる

ワードプレスとは、ウェブサイトを作成するための無料のシステムのことです。HTMLやCSSなど特別な知識がなくても、ウェブサイトを作成・運営できる仕組みをCMSと呼びますが、ワードプレスはCMSの一つです。

個人のブログから企業のサイトまで、様々なウェブサイトで利用されています。ワードプレスのユーザー数は、ブログシステムの中で世界一のシェアを誇ると言われています。ワードプレスを使用すると、基本的にはクリックや文章の入力だけでウェブサイトを作成することができます。

投稿ページと固定ページ

ワードプレスは、「投稿ページ」「固定ページ」の2種類を使い分け、ページを作成することができるようになっています。「投稿ページ」は、ブログの記事のことで、新しい投稿を作成すると、最近の投稿として一番上に表示されます。「投稿ページ」で作成するのは、ブログやお知らせなどで、頻繁に情報の更新があるページです。

一方、「固定ページ」は、会社やお店の情報など、内容が変更されず、ウェブサイトの決まった場所に表示されるページです。「固定ページ」は「投稿ページ」と違って、時系列で整理されることはありませんが、メニューの機能を使って好きな位置にページを配置することができます。
それぞれの違いを理解して、どちらのページにどのような情報を載せるのか整理していきましょう。

多様なデザインを選べるテーマ

ワードプレスには、ウェブサイト全体のデザインとレイアウトを決めるテーマと呼ばれるテンプレートが用意されています。ユーザーは、テーマを選択して、ウェブサイトを作成していきます。

テーマには無料のものと有料のものが用意されており、テーマを変えることでデザインやレイアウトをがらりと変えることができます。また、テーマはデザインだけでなく、色の変更や画像のスライドショーなど、備わっている機能が異なります。自分の作りたいウェブサイトに合ったテーマを選ぶことが大切です。

機能を拡張させるプラグイン

ワードプレスには、テーマの他にプラグインというものが用意されています。プラグインとは、ワードプレスの機能も拡張させるものです。例えば、お問い合わせフォームを作成できるプラグイン、グーグルマップを掲載するプラグイン、SEO対策をするプラグインなどがあります。

プラグインは、ワードプレスの管理画面からダウンロードすることができます。必要なプラグインを検索し、インストールします。管理画面以外でも配布されているプラグインもありますが、ウイルスが含まれている可能性もありますので、なるべく管理画面からダウンロードするようにしましょう。

ワードプレスを利用するための準備

ワードプレスを利用してウェブサイトを作るためには、いくつか準備をしておく必要があります。ワードプレスに限らず、ウェブサイトを作成して公開するためには、「サーバー」と「URL」が必要になります。サーバーは、ウェブサイトに必要なファイルを保管している場所のことです。URLとは、インターネット上の住所のようなものです。ウェブサイトを公開するためには、自分のURLを取得する必要があります。

月額数百円でサーバーをレンタルしてくれる会社がたくさんありますので、レンタルサーバーからサーバーを借りましょう。また、URLの中の一部をドメインと呼びますが、ドメインを年額千円程度から販売している会社がありますので、自分だけの独自ドメインを取得しましょう。

[参考]【完全保存版】WordPress向けレンタルサーバー徹底比較

なぜ無料ブログではなく、ワードプレスを使うのか?

ワードプレスを利用してウェブサイトを公開するには、サーバー代とドメイン代を含めて、月々数百円の費用がかかります。無料ブログでは費用がかかりませんので、費用だけを考えると、無料ブログを利用した方が良さそうですが、無料ブログにはいくつか欠点があります。

まず、無料ブログは、いつサービスが停止するかわかりません。無料ブログでたくさんの記事を作成し、多くのアクセスを集めることができるようになったとしても、サービスが終了すれば全ては無駄になってしまいます。また、ルール違反をしたことによって、記事の削除が行われることもあります。

ワードプレスでは、そのような心配をする必要がありません。ページの作成が簡単にでき、様々なテーマが用意されており、SEO対策にも強いなど、ワードプレスには様々なメリットがあります。本格的にブログやウェブサイトの運営をしたいと考えている人であれば、ワードプレスを利用することをお勧めします。

Sponsored Links

こちらの記事もおすすめです!

シェア頂けると励みになります!

ブログ更新情報はこちらから発信しています。

follow us in feedly

【完全保存版】ショッピングカートASP徹底比較2015

運営者情報

荒木 厚/アラキアツシ

デザイン会社、WEB運営会社を経て、「スイッチ」を設立。 市場調査からマーケティング戦略の立案、インターネット広告を活用したWEBプロモーションなど、商品サービスがブランド化されるまでのトータルプロデュースを行う。 スイッチ 代表@熊本