熊本のSEO・リスティング広告ならWEBマーケティングのスイッチ。

WordPressでECサイトを作るためのテーマ・プラグイン6選


WordPressはブログや企業サイト、ランディングページなど、さまざまなホームページが作れるツールです。ECサイトを作ることもでき、便利なテーマやプラグインもたくさんあります。

本稿では、ECサイトを作るときに役立つテーマやプラグインについてまとめました。カートや決済機能、受注管理等の便利機能が使えるものも多いので、上手に活用していきましょう。

WordPressテーマ

PANTHEA

WooCommerceに対応した、ECサイト用のWordPressテーマです。シンプルなデザインながらも、ECサイト作成にまつわる機能は一通り備わっています。フォントのカスタマイズもできますし、メガメニューも使えます。レスポンシブ対応です。

PANTHEAのテーマはこちら

Exquisite Style

こちらもWooCommerceに対応したWordPressテーマです。無料ながら機能が豊富で、カスタマイズの幅も広いです。フォントやナビゲーション、配色などの設定が可能です。レスポンシブ対応。

Exquisite Styleのテーマはこちら

Blanc

ECサイト用のWordPressテーマです。Welcartプラグインに対応しています。Lightboxや入力のバリデーション機能もついています。ECだけでなく、オウンドメディアなどのブログが併設できるところもBlancならではの特徴です。レスポンシブ対応。

Blancのテーマはこちら

WordPressプラグイン

WooCommerce

オープンソースのEC専用WordPressテーマです。利用ユーザーも多く、対応しているテーマも多いです。ECサイトが簡単に構築でき、ダウンロードやサービスの販売にも対応しています。エクステンションの数も300を超えていて、さまざまな機能追加ができることもメリットです。

WooCommerceのテーマはこちら

Welcart

ショッピングカート機能が使えるプラグインです。PayPalやソフトバンク・ペイメント・サービス、ゼウス決済サービスなど、対応している決済サービスも多いです。クレジット決済やクーポン、定期購入など、機能も豊富。受注データをCSVで出力したり、受注の一元管理にも対応しています。

Welcartのテーマはこちら

WP−OliveCart

WordPressでECを構築するためのプラグインです。ECサイトを簡単に作ることができて、例えば商品登録と同時に商品ページを作成することができます。PayPalやクロネコWebコレクト、楽天ID決済LITEのクレジット決済に対応しています。MyPage機能やクレジットカード決済を使うためには、有料のPro版(1ライセンス18,000円)を購入する必要があります。スマホ表示にも対応しています。

WP−OliveCartのテーマはこちら

あとがき

ECサイトを作るためのテーマやプラグインについてまとめました。BASEやSTORES.jpなどのサービスを使うのも一つの手ですが、デザインや機能にこだわるのであればWordPressの方が良いでしょう。記事で取り上げたテーマやプラグインは評価の高いものばかりなので、ECサイト作成に活用していただければと思います。

Sponsored Links

こちらの記事もおすすめです!

シェア頂けると励みになります!

ブログ更新情報はこちらから発信しています。

follow us in feedly

【完全保存版】ショッピングカートASP徹底比較2015

運営者情報

荒木 厚/アラキアツシ

デザイン会社、WEB運営会社を経て、「スイッチ」を設立。 市場調査からマーケティング戦略の立案、インターネット広告を活用したWEBプロモーションなど、商品サービスがブランド化されるまでのトータルプロデュースを行う。 スイッチ 代表@熊本