熊本のSEO・リスティング広告ならWEBマーケティングのスイッチ。

ランディングページを最適化するために。Googleアナリティクス活用術。


ランディングページを作ったけど、効果がでないといって、やみくもにページの作り直しを行っていませんか?
ランディングページで効果がでるように、最適化をしていくためには、まずは原因をつきとめて改善を行う必要があります。

ランディングページの直帰率や平均滞在時間を見る。

そこで、原因をつきとめるために、役立ってくれるのがGoogleアナリティクスです。
Googleアナリティクスの管理画面の[コンテンツ]→[サイトコンテンツ]→[ランディングページ]とたどっていくと、ランディングページのアクセス状況を閲覧することができます。
まずランディングページの良し悪しの判断材料となるのが、直帰率や平均滞在時間。
直帰率が高かったり、平均滞在時間が短かったりすれば、ユーザーにコンテンツがマッチしていないと考えられ、改善の必要があります。

Sponsored Links

セカンダリディメンションを活用し、ランディングページをさらに深く解析。

ただ、これだけではどこをどう改善してよいのか分からないはずです。
そこでさらに深く解析していくために、[セカンダリディメンション]を活用します。
セカンダリディメンションを活用すると、各ランディングページが、どのキーワードで、どれくらいの直帰率、平均滞在時間、コンバージョン率などを測定することができます。
もし、キーワードのなかに反応が悪いものがあれば、そのキーワードとランディングページがマッチしていないということです。

ランディングページの改善方法

ではキーワードとランディングページをマッチするためにはどうすれば良いのか?
反応が悪いキーワードにマッチするようにランディングページのファーストビューやコンテンツをつくりなおす、もしくはキーワードにマッチするようなランディングページを新たに用意する、というような改善を行うことができるでしょう。
セカンダリディメンションのなかには、キーワードのほかに参照元や地域等も調べることができるので、改善の指標として活用頂けます。

ランディングページで効果が出ない大きな要因は、ターゲットとコンテンツがマッチしないこと。
まずは、どのターゲット(キーワード)に対して、反応が良くないのかを調べることがランディングページ最適化の第1歩です。
ぜひGoogleアナリティクスを活用して、ランディングページの改善にお役立てください。


Sponsored Links

こちらの記事もおすすめです!

シェア頂けると励みになります!

ブログ更新情報はこちらから発信しています。

follow us in feedly

【完全保存版】ショッピングカートASP徹底比較2015

運営者情報

荒木 厚/アラキアツシ

デザイン会社、WEB運営会社を経て、「スイッチ」を設立。 市場調査からマーケティング戦略の立案、インターネット広告を活用したWEBプロモーションなど、商品サービスがブランド化されるまでのトータルプロデュースを行う。 スイッチ 代表@熊本