熊本のSEO・リスティング広告ならWEBマーケティングのスイッチ。

リスティング広告のクリック単価を変えずにクリック率をアップさせる方法


みなさんは、リスティング広告のクリック率をアップさせたい時、どうしますか?
まず最初に考えられるのがクリック単価を高くする
これが一番てっとり早い方法ですが、ただこれ以上のクリック単価の高騰をさけたい場合は、広告文を見直しましょう。

Sponsored Links

広告文を見直すポイントは、「競合との差別化」

クリック率をあげるための広告文を見直すポイントは、「競合との差別化」です。
まずは競合がリスティング広告で、どのような広告文を出稿しているか見てみましょう。
もし競合があなたの会社より魅力的な広告文を出していたり、同じような広告文を出していたとしたら、見直す必要があります。
競合よりも、魅力的な訴求ポイントを見つけ出して、広告文をつくりなおしてみましょう。

広告文を変えるときは、広告文にマッチするように
ランディングページも変える。

そこで注意して頂きたいのが広告文がランディングページとかけ離れたものにならないこと
広告文とランディングページがマッチしていないと、せっかくホームページに訪れたユーザーをがっかりさせることになり、コンバージョン率が下がってしまいます。
クリック率が上がったとしても、コンバージョンが下がってしまっては本末転倒で、意味がありません。
広告文を変えるときは、必ずその広告文にマッチするようにランディングページも変えましょう。

リスティング広告をはじめるなら、Yahoo!プロモーション広告がおすすめです。

Sponsored Links

こちらの記事もおすすめです!

シェア頂けると励みになります!

ブログ更新情報はこちらから発信しています。

follow us in feedly

【完全保存版】ショッピングカートASP徹底比較2015

運営者情報

荒木 厚/アラキアツシ

デザイン会社、WEB運営会社を経て、「スイッチ」を設立。 市場調査からマーケティング戦略の立案、インターネット広告を活用したWEBプロモーションなど、商品サービスがブランド化されるまでのトータルプロデュースを行う。 スイッチ 代表@熊本