熊本のSEO・リスティング広告ならWEBマーケティングのスイッチ。

知っておきたい!フリーエンジニアになることのデメリットとは?


こんにちは、Webマーケッターのアラキです。

最近は様々な仕事のフリーランス化がすすんでおり、エンジニアもその定番の一つですね。

フリーのエンジニアにはメリットもありますが、実はデメリットや課題となる点も多くあります。

そこでフリーのエンジニアになることでのデメリットをいくつか紹介していきたいと思います。

【1】収入が安定しない

仕事をする上で大きなテーマとなるのは収入ですね。

フリーのエンジニアの場合、収入がピンキリとなり安定性が低いです。

エンジニアの社会はピラミッド型ですので、フリーになって顧客から仕事を直に受注すれば、サラリーマンとして働くより一案件当りの収入は増えるケースは多く、この点はメリットです。

中には月収数十万、100万円以上稼ぐフリーエンジニアもいます。

ただしそれは一時的なもの。

フリーになるとサラリーマンのエンジニアの様に常に仕事にあり付けるとう事ばかりではありません。

どんなに優秀で有名なエンジニアであっても仕事が途切れたり、不足する事はあります。

サラリーマンのエンジニアの場合は、仕事が不足している時期でも一定の収入は保証されていますが、フリーの場合は最悪0円となり死活問題にもなります。

その点を考慮すると、一時的には高収入が得れても長い目で見た収入としては安定性は低くなるでしょう。

[参考]【完全保存版】フリーエンジニア向け案件紹介サービス徹底比較

【2】技術を養いにくい

エンジニアの命となるのが技術やスキルの腕です。

フリーのエンジニアは特に技術が肝となり、仕事や収入を左右するとても大切なものになります。

サラリーマンのエンジニアの場合、会社側がこれまでのノウハウ、知識を提供しているのである程度の技術は効率よく身についていきます。

時には会社独自の技術というのも得られそれが強みとなる事も。

また育成を兼ねて仕事を割り振られる事も多く、仕事をしながら技術を養うという余裕もあります。

さてこれがフリーとなると事情が変わってきます。

フリーのエンジニアの場合、技術をフォローしてくれる先はなく、自らの手でノウハウ、知識を得て養っていかなくてはなりません。

また一個人の責任で仕事を全うしなくてはならないので、勉強も兼ねて仕事を担当するというスタイルは到底出来なくなり、仕事外でしっかりと技術を学ぶ時間を作らなければならなくなります。

フリーの場合は、会社からの指示に縛られず仕事を選んでいけるので、場合によっては自分の望む分野の仕事を積極的に受注し、それを通して経験、能力をアップできるというメリットもあります。

しかし、やはり会社からのフォローがない分、意欲を持ち相当努力しないと技術を十分伸ばすのは難しくなってくるでしょう。

【3】先行きが不透明

エンジニアの仕事は、現場仕事ですし常に最新の技術を追っていかなくてはならないので、能力的な定年が他の仕事より早いと言われています。

どんなに優秀でも年齢を追う毎に、体力や頭の回転も落ちてきますしね。

サラリーマンのエンジニアの場合は、第一線を退いても管理職などの道が用意されていますが、フリーになるとその道はありません。

ですので一生現役と意気込めるだけの熱意や能力、体力に自身があるかたでないと後々苦しい思いをする場合もあるかもしれません。

またエンジニアの仕事自体が競争化が進んでおり、これにフリーのエンジニアが増えている事で、フリーの業界は更に競争化が進んでいます。

この先どうなるかはわかりませんが、更に競争化が進んだり、エンジニアの仕事自体がもしかしたら衰退してく可能性もあります。

そういった場合の影響は、サラリーマンのエンジニアよりフリーの方が大きな打撃となりますので、フリーのエンジニアはその点も大きな課題となり、よく考えて将来設計していく必要があります。

まとめ

  • 【1】収入が安定しない
  • 【2】技術を養いにくい
  • 【3】先行きが不透明

この様にフリーのエンジニアにはそれ特有のデメリットや課題というのがあります。

ただフリーのエンジニアにはその分、サラリーマンのエンジニアでは得られないメリットも沢山あるのも事実です。

人それぞれ置かれている状況や価値観は異なるので、どちらが良いとは明確に言えません。

自分の価値観や能力、メリットとデメリットをよく考えた上でフリーエンジニアになるかを考えるのがよいかと思います。


Sponsored Links

こちらの記事もおすすめです!

シェア頂けると励みになります!

ブログ更新情報はこちらから発信しています。

follow us in feedly

【完全保存版】ショッピングカートASP徹底比較2015

運営者情報

荒木 厚/アラキアツシ

デザイン会社、WEB運営会社を経て、「スイッチ」を設立。 市場調査からマーケティング戦略の立案、インターネット広告を活用したWEBプロモーションなど、商品サービスがブランド化されるまでのトータルプロデュースを行う。 スイッチ 代表@熊本