熊本のSEO・リスティング広告ならWEBマーケティングのスイッチ。

自作なんてしてる場合じゃない!日本語の有料WordPressテーマ13選


最近は、ほんとに優れたWordpressのテーマって、増えてますよね。
とくに有料のWordpressテーマは、機能的にもデザイン的にもすばらしいです。
本気で「自作なんてしてる場合じゃない!」って思ってしまいます。

こちらのテーマをそのまま使っても良いですが、カスタマイズするとかなり良いサイトに仕上がってくれます。
ということで、今回は私がおすすめする日本語の有料Wordpressテーマを紹介します。

ストーク

ストークは、人気ブロガーのJUNICHIさんとOPENCAGEが共同で作り上げたWordPressテーマです。
こちらのテーマは、「新しいスマホビュー時代を作ろう」というコンセプトで開発されており、スマホでの見やすさ・機能・デザイン性はばつぐんです。
また「誰が使っても美しいデザイン」を追求し作られているので、HTMLやCSSの知識がない方でも美しいサイトを作ることができます。
さらにブログ運営においてよく使われるショートコードも最初からそろっていますので、ワクワクするような記事ページをつくることができます。
とにかくスマートフォンでの使用感がすばらしいので、見た目のインパクトよりも「使いやすさ」「読みやすさ」にこだわりたい方におすすめです。
私が運営しているくまもとモノがたりというサイトもこちらのストークを使って作成しました。

ストークはこちら

アルバトロス

アルバトロスブロガー専用に作られており、そのデザイン性は抜群です。
PCはもちろんですが、スマホで見た時の美しさは他の無料ブログとは一線を画しています。
また、アルバトロスは広告の設定やショートコード、スライドショーなどの機能面も充実しています。人気ブロガーのJUNICHIIIも絶賛されている優れものですので、ブロガーの方はぜひおすすめです。

アルバトロスはこちら

ハミングバード

ハミングバード「誰が使っても簡単に美しいブログサイトを!」をコンセプトとして開発されたWordPress用テーマです。
特にSNSボタンやアイキャッチ画像などに施されたアニメーションが印象的で、ちょっとしたこだわりがかっこいいですね。
テーマデザインもいくつか選択可能で、どれもおしゃれです。
「ブログとデザインで差をつけたい!目立ちたい!」という方におすすめのテーマです。

ハミングバードはこちら

Precious

Precious」は、商品紹介・ECサイト向けのWordpressテーマです。フェードスライダーを駆使したスタイリッシュな商品一覧ページがとても印象的です。「いかに商品を美しく魅せるか」というこだわりがサイト全体のデザインから伝わってきます。
バナー広告スペースが豊富に用意されているので、キャンペーンの告知や売れ筋商品の紹介をするにも役立ちます。

Preciousについて詳しくはこちら

Gorgeous

Gorgeousは、ニュースサイトやオウンドメディアなどの情報サイトに特化したWordpressテーマです。
情報サイトの場合は、いろんなカテゴリの情報が煩雑になりがちですが、こちらのテーマを使うと様々なレイアウトでコンテンツを整理してくれます。
私もこちらのテーマを使ったメディア(みんなの転職)を運営していますが、情報が増えていくにつれて、このテーマの拡張性や機能性の高さに驚かされます。
また、情報サイトを運営していくうえで重要なのがやはり広告スペース。
ヘッダ右の468x60pxスペースやサイドバー、そして詳細記事ページの上部と下部にもそれぞれ広告を入れることができます。
広告収益の最大化を追求したレイアウトになってますので、これからメディアを運営したい方にはおすすめのWordpressテーマだと思います。

Gorgeousについて詳しくはこちら

Reviewer

Reviewerは、比較サイトやランキングサイトなどのアフィリエイトサイトに特化したWordpressテーマです。
これまでもWordpressのアフィリエイト用のテーマはいくつかありましたが、ここまで高機能かつデザイン性の高いテーマはないでしょう。
商品のランク付けはもちろん、商品名、商品画像、キャッチフレーズ、項目ごとの情報など、ランキングサイトに必要な情報はすべて設定可能です。
また、ただレスポンシブにするだけでなく、使いやすいサイトになるようにデザインされています。
スマホ画面の最下部には固定型フッターバーが表示されていたり、スマホのような小さな画面でも見やすくレイアウトされています。
デザイン性だけでなく、アフィリエイトサイトとして実用性の高いWordpressテーマですね。
私が運営しているかぞくの保険シルクアミノ酸研究所というサイトもこちらのReviewerを使って作成しました。

Reviewerについて詳しくはこちら

FOCUS

FOCUS」は、グリッドレイアウト型のWordPressテーマです。
今までにないデザインとアニメーションは、とても斬新でユーザーの目を引くことは間違いなしです。
グリッドレイアウトでありながらレスポンシブデザイン対応なので、スマホで見てもとても綺麗です。
企業サイトや情報メディアなど、ブランディング目的のサイトなどにおすすめです。

FOCUSについて詳しくはこちら

Grazioso(グラツィオーソ)


Grazioso(グラツィオーソ)は、1カラムのレイアウトをベースにしているWordpressテーマです。
最近は、この1カラムのテーマがとても見やすく訴求効果が高いと注目されています。
大手企業やサービスのサイトでも多用されています。
Grazioso(グラツィオーソ)のデザインは、フラットデザインが採用されており、デザイン性も高く個人的に好きですね。
集客を目的としている商品・サービスのランディングページやプロモーションサイトなどにおすすめです。

Grazioso(グラツィオーソ)のサイトはこちら

賢威


言わずと知れたSEOテンプレートがこの「賢威」。
ver.6.2からレスポンシブWebデザインに対応し、レスポンシブWebデザイン機能は「オフ」にすることもできます。
SEO業者に頼むくらいなら、SEOテンプレートを使うほうが100倍マシ!でも書いていますが、SEOのことを知り尽くしたSEOのプロが作ったテンプレートなので、その品質は確かです。
有料のSEOテンプレートは他にもたくさんありますが、「賢威」はちょっと次元が違いますね。
SEOに強く、WEBで本気で売上を伸ばしていきたいという方にはおすすめです。

賢威のサイトはこちら

Million Dollar Man

Million Dollar Manは、シンプルでおしゃれなWordpressテーマです。
トップページの大きなスライダー画像がとても印象的。個別記事のサムネイルもすっきりしたデザインでかっこいいですね。
レスポンシブにも対応しており、スマホでも見ても美しいです。
クリエイターさんのポートフォリオや写真中心の日記ブログにぴったりだと思います。

Million Dollar Manはこちら

Pantomime(パントマイム)

Pantomime(パントマイム)は、レスポンシブデザインに対応したマガジンサイト向けのWordpressテンプレートです。
シンプルでオシャレなデザインが魅力的ですね。
アイキャッチ画像のレイアウトも素敵で、ロールオーバー時のアニメーションも素敵です。
カフェや雑貨屋さんなどの店舗向けサイトとしてもおすすめです。

Pantomime(パントマイム)について詳しくはこちら

クラウドテンプレート


このクラウドテンプレートは、他の有料テーマに比べて、低価格かつ種類が豊富です。用途やテイストでテンプレートを選ぶことができるので、自分のサイトに合ったものを見つけることができます。どちらかと言えば、コーポレイトサイト向けのWordpressテーマといった感じです。
コーポレイトサイトを作るのに、あんまり時間もお金もかけたくないという方にはおすすめだと思います。
なかでもプラチナプランは、クラウドテンプレートで販売する全てのワードプレステーマがダウンロードし放題なのでお得ですよ。

クラウドテンプレート・ワードプレスプラチナプランはこちら

BizVektor Graceful

BizVektor Gracefulは、「BizVektor」用の拡張デザインスキンプラグインです。
こちらのプラグインを有効化することにより、BizVekorのデザイン選択プルダウンより 「Graceful」が選択できるようになります。
優雅でやさしいデザインが特徴で、エステサロンやヘアサロンなどの女性向けサービスのサイトにおすすめです。
また、ビジネス用途のサイト向けに必要な要素・仕様・構成に徹底的に最適化してあるので、他のコーポレイトサイト用としても使えます。

BizVektor Gracefulはこちら

※2016.12.15 現在

いかがでしたでしょうか?
Wordpressの有料テーマには、デザイン性の高いもの、SEOに強いもの、メンテナンスがしやすいもの、などなどさまざまです。
どちらのテーマも一長一短ありますので、自分のサイトの目的や用途にあわせて、選んでみて下さい。
また、新しいWordpressのテーマが続々と発売されていますので、良いテーマがあればこちらのページで随時更新していきますので、ぜひチェックしてみてください。

WordPress有料日本語テーマ人気ランキング

【1位】ストーク

ストークは、人気ブロガーのJUNICHIさんとOPENCAGEが共同で作り上げたWordPressテーマです。
こちらのテーマは、「新しいスマホビュー時代を作ろう」というコンセプトで開発されており、スマホでの見やすさ・機能・デザイン性はばつぐんです。

ストークについて詳しくはこちら

【2位】Precious

「Precious」は、商品紹介・ECサイト向けのWordpressテーマです。フェードスライダーを駆使したスタイリッシュな商品一覧ページがとても印象的です。「いかに商品を美しく魅せるか」というこだわりがサイト全体のデザインから伝わってきます。

Preciousについて詳しくはこちら

【3位】Grazioso(グラツィオーソ)

Grazioso(グラツィオーソ)は、1カラムのレイアウトをベースにしているWordpressテーマです。
最近は、この1カラムのテーマがとても見やすく訴求効果が高いと注目されています。
大手企業やサービスのサイトでも多用されています。

Grazioso(グラツィオーソ)はこちら

Sponsored Links

こちらの記事もおすすめです!

シェア頂けると励みになります!

ブログ更新情報はこちらから発信しています。

follow us in feedly

【完全保存版】ショッピングカートASP徹底比較2015

運営者情報

荒木 厚/アラキアツシ

デザイン会社、WEB運営会社を経て、「スイッチ」を設立。 市場調査からマーケティング戦略の立案、インターネット広告を活用したWEBプロモーションなど、商品サービスがブランド化されるまでのトータルプロデュースを行う。 スイッチ 代表@熊本