熊本のSEO・リスティング広告ならWEBマーケティングのスイッチ。

SEO業者に頼むくらいなら、SEOテンプレートを使うほうが100倍マシ!


こんにちは、WEBマーケッターの荒木です。

昨今Googleによるペナルティが厳しくなるなか、まだまだSEO業者によるしつこい営業は続いているようです。

私のクライアントさんのところにも、「10個のキーワードで、今なら月額○○万円でできます」みたいな営業電話がしょっちゅうくるそうです。

これまでも私のブログで何回か紹介してきましたが、

これらのSEO業者の多くが自演リンクによるものなので非常に危険です。

[参考]SEOの営業電話がますますひどくなっている件

こういう外部リンク専門のSEO業者もいれば、今もなお根強く存在するのが「古くさい内部SEO」の業者です。

ページ内に無理矢理キーワードを突っ込んでみたり、無意味な低品質ページを量産したり。

こういうことをやっても効果があるどころかペナルティで圏外に吹っ飛んでしまう可能性がありますので、くれぐれもこういうSEO業者には頼まないようにしましょう。

Sponsored Links

なかには、まともなSEO業者もいます

しかし、なかにはまともなSEO業者がいることは確かです。

テクニカルなSEOだけでなく、しっかりブランディングやコンバージョンを見据えてたコンテンツマーケティングをやってくれる企業もあります。

例えば京都のWEBライダーさんがそうです。

下記はWEBライダーさんがプロデュースしたページですがクオリティがすごいです。

沈黙のWebマーケティング ―Webマーケッターボーンの逆襲―

実際にソーシャルメディアで拡散されて、多くの被リンクを獲得し検索エンジンでも「WEBマーケティング」というキーワードで上位に表示されます。

こういう会社に依頼することができるなら良いですけど、ここまでの会社はなかなか見つかりませんし、コスト面を考えると依頼するのはなかなか難しいのが現状です。

月に数万円を払って、上位表示ができた時代は終わった

今の時代、SEOで上位表示をさせることはそんなに簡単なことではありません。

月に数万円を払って、上位表示ができた時代は終わったのです。

ちゃんとしたSEO業者に頼んで上位表示を実現しようと思ったら、そんな月に数万円ですむわけがありません。

ですから、本格的にSEOをやろうと思えば、自分でやるしかないのです。

しかし自分でSEOをやろうと思っても、知識が少ない方にとっては、なかなかハードルが高いと思います。

そういう方の場合は、Wordpressの「SEOテンプレート」を使った方が間違いありません。

WordPressのSEOテンプレートを使うなら「賢威」がおすすめ

WordPressのSEOテンプレートと言ってもいろいろあります。

無料のものであれば「Stinger」が有名ですね。

そのなかでも、私がおすすめするのは「賢威」です。

こちらは先ほど紹介したWEBライダーさんが開発したSEOテンプレート。

SEOのことを知り尽くしたSEOのプロが作ったテンプレートなので、その品質は確かです。

有料のSEOテンプレートは他にもたくさんありますが、「賢威」はちょっと次元が違いますね。

「賢威」の良いところは、実践的かつ効果的なマニュアル

賢威」が内部SEO的にとても優れていることはもちろんなのですが、私が最も良いと思うところは「SEOマニュアル」です。

このマニュアルの内容がすごくて、WEBライダーさんのSEOノウハウがほとんど詰まっているのではないかというくらい盛りだくさん。

下記は、「外的SEOとプランニング」という章の目次なのですが、これを見るだけでも内容がいかに濃いかが分かります。

  • リンクポピュラリティを高める6つのリンク形態
  • 人工的なリンクとペンギンアップデート
  • 急激に増えている「有料リンク」への警告
  • オーガニックな被リンクが生まれる流れ
  • 今、なぜ「まとめ記事」が人気なのか?
  • まとめ記事をつくるより、まとめられることを意識する
  • コンテンツの露出・伝播に欠かせない、はてなブックマークとNAVERまとめ
  • 露出を成功させるためのシナリオ策定
  • クチコミされやすいコンテンツを考える
  • 「コンバージョンコンテンツ」と「リンクベイトコンテンツ」
  • リンクを集めるためのコンテンツ案
  • 実際にリンクベイトコンテンツをプランニングしてみる!
  • 露出の流れ図
  • その他の外的SEO

他にも「SEOに大切な5つの要素」「内的SEO~内的要因の強化~」「クローラビリティの強化」「サイト構造の強化」「キーワードの選び方とサイト運営」など、SEOをやるうえで欠かせない内容が詰まっています。

ここまでの内容は、どの書籍を見ても載っていません。

もちろんSEOテンプレートはあくまでテンプレートなので、それだけ検索の上位表示が実現できるわけではありません。

こういうマニュアルを参考にして、しっかりとしたコンテンツマーケティングを行っていくことで、上位表示や売上アップ等が実現できるわけです。

賢威について詳しくはこちら

SEOの技術は他人から与えられるものではない

SEOの技術は他人から与えられるものではないと思っています。

検索エンジンのアルゴリズムは日々変化していますし、今日教わったことは明日になれば全く役に立たないということもあるわけです。

SEO業者によって施されたSEO対策なんていうのは、検索エンジンのアルゴリズムの変化に非常に弱く、耐久性に欠けます。

しかし、SEOを自分でやりながらいろんな経験をしていくことで、ゆるぎないSEOのスキルが身に付いていきます。

そういうしっかりしたスキルによってもたらされたサイトというのは、アルゴリズムがどんなに変化してもそんなに簡単に倒れることはありません。

SEO業者に依頼するくらいなら、自分で試行錯誤しながら確かなSEO技術を身につけた方が100倍マシだと思います。


Sponsored Links

こちらの記事もおすすめです!

シェア頂けると励みになります!

ブログ更新情報はこちらから発信しています。

follow us in feedly

【完全保存版】ショッピングカートASP徹底比較2015

運営者情報

荒木 厚/アラキアツシ

デザイン会社、WEB運営会社を経て、「スイッチ」を設立。 市場調査からマーケティング戦略の立案、インターネット広告を活用したWEBプロモーションなど、商品サービスがブランド化されるまでのトータルプロデュースを行う。 スイッチ 代表@熊本