熊本のSEO・リスティング広告ならWEBマーケティングのスイッチ。

地方でフリーエンジニアが生き残るために必要なこと


こんにちは、WEBマーケッターの荒木です。

最近は、プロブロガーのイケダハヤト氏が高知に移住したことから、地方で働くということに注目が集まっているようです。

私のまわりでも、都市圏から熊本に移住してきたエンジニアがちらほらいます。

地方で働くメリットはいろいろあります。

熊本の場合は自然もたくさんありますし、子供を育てるにはとても良い環境です。

何より東京なんかに比べれば物価が圧倒的にやすく、家賃も半分以下くらいで住むことができます。

都市圏で消耗して疲れきった人が地方に移住してくる気持ちも分かりますね。

Sponsored Links

仕事が少ないし、単価が安い

しかし、当然のことながら地方で働くというのは良いことばかりではありません。

まずは、都市圏に比べて圧倒的に仕事が少ないです。

少ないパイを企業が食い合っている状態です。

そうなると、当然価格勝負になり、どんどん仕事の単価は安くなっていきます。

フリーのエンジニアがそんなところから仕事をもらおうと思えば、さらに単価は安くなります。

そこで、どれだけ付加価値を付けて単価を上げていくかは、エンジニアの腕の見せどころです。

人脈をつくる

地方の企業は極めて保守的で、良く知らない会社に仕事を依頼することにとても消極的です。

私への仕事の依頼も半分以上が紹介によるものです。

ですから地方でフリーのエンジニアが仕事をもらおうと思えば、人脈をつくることが必要です。

人脈の作り方も人それぞれだと思いますが、むやみやたらに交流会などに参加してもあまり意味がありません。

身近なところから地道に実績や信頼を積み上げていくことが大切だと思います。

都市圏で築き上げた人脈は積極的に使ったほうが良いでしょうね。

クラウドワークスを利用する

人脈をつくるといっても、やはり限界があります。

安定的に仕事を受注していくためには、地方だけでなく都市圏からの受注も必要となります。

そんなときに使えるのが「クラウドワークス」です。

クラウドワークスは、日本最大級のクラウドソーシングサービスで、IT関連の仕事をWEB上で探すことができます。

アプリ・スマホ開発の案件だけでも常に1400件以上の募集があり、Yahooやエキサイト等の大手企業からの発注もあります。

地方でフリーエンジニアが生き残っていくためには、このようなクラウドサービスを利用するのもひとつの方法だと思います。

クラウドワークスについて詳しくはこちら

最後に

イケダハヤト氏のおかげで地方に対する注目度が上がっていることは喜ばしいことですが、あまりにも良いイメージばかりが先行しているように思います。

「高知にフリーランスが多い理由」が興味深い。個人事業主の人たち、お試し移住してみては?

高知はフリーランスに仕事が流れやすいと言われていますが、正直そんなに甘くはないと思います。

地方で働くということにはもちろんメリットもあれば、それ以上にデメリットがあります。

これから本格的に地方で働くことを考えている方は、まずそのことについてしっかり理解しておいたほうが良いでしょう。

上手く立ち回ることができれば、かなり楽しいですけどね。


Sponsored Links

こちらの記事もおすすめです!

シェア頂けると励みになります!

ブログ更新情報はこちらから発信しています。

follow us in feedly

【完全保存版】ショッピングカートASP徹底比較2015

運営者情報

荒木 厚/アラキアツシ

デザイン会社、WEB運営会社を経て、「スイッチ」を設立。 市場調査からマーケティング戦略の立案、インターネット広告を活用したWEBプロモーションなど、商品サービスがブランド化されるまでのトータルプロデュースを行う。 スイッチ 代表@熊本