熊本のSEO・リスティング広告ならWEBマーケティングのスイッチ。

毎日の検索順位チェックが必要な理由は?


こんにちは、WEBマーケッターの荒木です。

毎日の検索順位チェックはできていますか?

ブログを運営している人であれば、さほど検索順位チェックの必要性は感じられないかもしれません。

しかし、ビジネス目的でサイトを運営している人にとっては検索順位チェックはとても重要です。

今回は、毎日の検索順位が必要な理由について、お話ししたいと思います。

Sponsored Links

狙っている検索キーワードの動向をチェックする

サイトを運営する上で、必ずいくつか上位表示を狙っている検索キーワードがあるはずです。

それらの検索キーワードの検索順位が今どの位置にあるのかをチェックしておくことはとても重要です。

なぜなら、検索キーワードで上位表示されるかどうかということが売上に直結するからです。

いつまで経っても狙っているキーワードで上位表示ができないのであれば、今行っているSEOを見直す必要があります。

また上位表示できているにもかかわらずコンバージョン率が悪い場合は、LP等やサイト全体の改善が必要かもしれません。

検索キーワードの検索順位というのは、サイト運営を正しい方向に導くための重要な指標となるのです。

突然やってくるGoogleのアルゴリズム変更やペナルティ発動に備える

Googleのアルゴリズム変更やペナルティ発動は、ある日突然やってきます。

特に最近の傾向としては、予告なしでやってきます。

ブラックハットによるSEOであればペナルティを受けてしまうのは仕方のないことですが、ホワイトハットでペナルティを受け圏外に飛ばされてしまうことも少なくありません。

怖いのはペナルティを受けてしまっているのにもかかわらず放置してしまうことです。

放置することにより、サイトへのアクセスが激減してしまい、売上がまったく立たないという事態にもなってしまいます。

毎日検索順位をチェックしておけば、必要な対策をとることができる

そうならないためにも、毎日の検索順位をチェックしておくことが重要です。

毎日検索順位をチェックしておけば、もしサイトがペナルティを受けた場合でも、必要な対策をとることができます。

Googleのアルゴリズム変更やペナルティ発動時は、他のサイトでも同様のことが起きている場合が多いので、

SNSをチェックすることにより、ペナルティに関する重要な情報を取得することができます。

そのなかで心当たりがあれば、すぐに対応することでペナルティ解除に繋がる可能性もあります。

ペナルティの解除が難しい場合であっても、

売上に影響がでないように、リスティング広告等によるアクセス対策をとることもできます。

このような対応は、毎日の検索順位チェックができているからこそできることなのです。

検索順位チェックに最適なツールとは?

検索順位チェックといってもアナログ的にやっていては、時間がいくらあっても足りません。

そこで役に立ってくれるのが、検索順位チェックツール。

検索順位チェックツールにもいろいろありますが、やはり「GRC」が最強だと思います。

GRCは私のようなWEBマーケティングを仕事にしている人やアフィリエイター等幅広く利用されています。

使い方もとても簡単で、最初に「検索キーワード」と「調べたいサイトのURL」を登録しておく。あとは、1日1回GRCを起動して、検索順位をチェックするだけです。

複数キーワードの順位の変遷などを見やすくグラフ化してくれて、

どのキーワードがどのタイミングでペナルティを受けたかを視覚的に確認できます。

検索順位チェックツールGRCについて詳しくはこちら

GRCを使えば、競合サイトの分析もできる

このGRCの最も良いところは、競合サイトの分析ができるところです。

「上位100追跡」という機能があるのですが、こちらでは検索結果の上位100サイトの検索順位を知ることができます。

注目している競合サイトの順位チェック、上位に現れた競合サイトの過去の順位変動の確認、 注目している検索語の順位のゆれの様子、検索エンジンアルゴリズムの変更タイミングをチェックすることができます。

検索順位の変化にはいろんな要因があるのですが、

検索順位変動の要因がどこにあるのかを判断するヒントになるのです。

また、競合サイトの弱いキーワードを知ることができるので、そこを狙うことにより自社サイトの売上アップに繋げることも可能です。

GRCを使えば、リスティング広告の対策もできる

また、GRCでは、SEOだけでなくリスティング広告の対策にも使えます。

「広告追跡」という機能では。広告の数や広告の順位を知ることができます。

ですから、「リスティング広告を出すならどのキーワードが狙い目なのか?」という判断の材料になります。

また、新しく競合が参入してきた場合に、すぐチェックできるので単価の調整や広告文、LPなどの改善に役立てることができます。

GRCのサイトを運営していくうえで重要な役割を果たしてくれると思いますので、ぜひご活用下さい。

検索順位チェックツールGRCはこちら


Sponsored Links

こちらの記事もおすすめです!

シェア頂けると励みになります!

ブログ更新情報はこちらから発信しています。

follow us in feedly

【完全保存版】ショッピングカートASP徹底比較2015

運営者情報

荒木 厚/アラキアツシ

デザイン会社、WEB運営会社を経て、「スイッチ」を設立。 市場調査からマーケティング戦略の立案、インターネット広告を活用したWEBプロモーションなど、商品サービスがブランド化されるまでのトータルプロデュースを行う。 スイッチ 代表@熊本