熊本のSEO・リスティング広告ならWEBマーケティングのスイッチ。

【徹底評価】ロリポップ!レンタルサーバーのメリットとデメリット


こんにちは、WEBマーケッターの荒木です。

ロリポップ!レンタルサーバーを利用したことのある方は多いと思いますが、その評価は二分します。

ネットの口コミを見てもその評価はバラバラ。なぜ、こんなにも評価が分かれるのか?

今回は、そのロリポップ!レンタルサーバーを利用するメリットとデメリットについて、説明していきたいと思います。

【メリット(1)】価格が安い

先日の記事【完全保存版】WordPress向けレンタルサーバー徹底比較でも紹介しましたが、ロリポップ!レンタルサーバーはその価格の安さからとても人気があります。

ちなみにどれくらい安いのかおさらいしておくと、

レンタルサーバー 初期費用 月額費用 容量 転送量/日 マルチドメイン MySQL
ロリポップ!
(エコノミー)
1,500円 100円 10GB 1GB 20個
ロリポップ!
(ライト)
1,500円 250円 50GB 5GB 50個 1個
ロリポップ!
(スタンダード)
1,500円 500円 120GB 10GB 100個 30個
ロリポップ!
(エンタープライズ)
3,000円 2,000円 400GB 無制限 無制限 100個

エコノミープランだと、月額100円でレンタルサーバーが借りれるので、めちゃくちゃ安いですね。MYSQLが使えないので、Wordpressは利用できませんけど。

それでもマルチドメインが20個まで使えるので、たったの100円で20個サイトが作れるわけです。(※ドメイン費は別途必要です)

上位のライトプラン(50GB)でも、月額250円は安いと思います。

こちらであれば、MYSQLが使えますので、Wordpressも利用できます。

ただMYSQLは1個なので、Wordpressが利用できるサイトは1個までとなります。

複数のWordpressサイトを運用したい方は、さらに上位のスタンダードプランを利用すれば、月額500円で最大30個まで作ることができます。

最上位のスタンダードプランでもこの価格なので、ロリポップがいかに安いかということがわかります。

【メリット(2)】Wordpressのインストールがとても簡単

ロリポップのメリットは安いだけではありません。

ロリポップは、初心者の方でも簡単に操作できるようになっています。

まずは、Wordpressのインストールがとても簡単です。

コントロールパネルの[簡単インストール]から[Wordpress]を選んで、サイトタイトルなどの基本事項を入力するだけでOK。

▼ロリポップのコントロールパネルのインストール画面

【メリット(3)】初心者に難しいFTPの操作も簡単

初心者にとって、難しいのがFTPによる操作です。

通常であれば、FTPソフトによってアップロードをしなければならないのですが、ロリポップではFTP操作を管理画面上で行うことができます。

FTPソフトへのアカウント設定なんかも必要ありませんので、初心者の方でも簡単に操作できます。

逆に中上級者の方には、こちらの操作は面倒だと思いますが。

▼ロリポップのFTPのアップロード画面

【メリット(4)】独自ドメインの設定も簡単

独自ドメインの設定も、とても簡単です。

設定する独自ドメインとアップロードするフォルダを指定してあげるだけでOK。

同会社が提供しているムームードメインでドメインを取得すると、さらに設定は簡単になりますので、おすすめです。

▼ロリポップの独自ドメインの設定画面

【メリット(5)】マニュアルが充実していて分かりやすい

ロリポップが初心者にやさしい理由は、マニュアルが充実していて分かりやすいこと。

WordPressの使い方はもちろん、ホームページやブログの作り方もサンプルと合わせて分かりやすく説明してくれます。

手順どおりにやっていけば、知識のない方でも基本的なホームページやブログは作れます。

▼ロリポップの操作マニュアル画面

【デメリット(1)】Wordpressサイトの表示速度が遅い

メリットがあれば、もちろんデメリットもあるわけなので、そこを十分理解したうえで借りる必要があります。

では、ロリポップにどういうデメリットがあるかというと、やはりサイトの表示速度ですね。

私も以前、ロリポップでWordpressを使ったことがあるのですが、他のサーバーに比べ遅く感じます。

これはプラグインの使い方やサイトの規模にもよりますが、場合によってはかなりイライラさせられることもあります。

WordPressの表示速度が気になる方は、高速レンタルサーバーの「WPX」をおすすめします。

(追記)
最近、導入して表示速度を計測してみたところ、思ってたより遅くありませんでした。むしろ速いくらいです。
アクセスが集中した場合は、遅くなるかもしれませんが。

[参考]実はロリポップの表示速度は速い?エックスサーバーと比較してみた

【デメリット(2)】安全性に不安あり

ロリポップといえば、2013年8月にWordPressを利用している8428件のサイトが改ざんされた問題が有名です。

こんなメジャーなレンタルサーバーでもこんなことが起こるのか!?と驚いたことを覚えています。

[参考]「ロリポップ」のWordPressサイト改ざん被害、原因はパーミッション設定不備

原因は、パーミッション設定の不備によるものだったのですが、こちらのセキュリティについては、ロリポップではすでに対策を行っています。詳しくはこちらをご覧下さい。

しかし、一度このような事故があると、利用する側としては不安が残ります。

総評

私は、やはりロリポップを利用する大きなメリットは「使いやすさ」だと思います。※あくまで知識の少ない初心者の方にとっての話です。

無料ブログではなく、独自のサーバーでホームページやブログをつくりたいけど、知識がないから不安という方にはおすすめだと思います。

ロリポップ!レンタルサーバーはこちら



ただ、低価格という点で比較すれば、ロリポップ以外にもミニサーバーコアサーバーがあります。

表示速度の問題などを考えれば、これらのレンタルサーバーを借りた方がサイトのパフォーマンスは良いと思います。

各レンタルサーバーの価格やスペック、特徴については下記の記事で紹介しておりますので、そちらを参考にしてみてください。

[参考]【完全保存版】WordPress向けレンタルサーバー徹底比較


Sponsored Links

こちらの記事もおすすめです!

シェア頂けると励みになります!

ブログ更新情報はこちらから発信しています。

follow us in feedly

【完全保存版】ショッピングカートASP徹底比較2015

運営者情報

荒木 厚/アラキアツシ

デザイン会社、WEB運営会社を経て、「スイッチ」を設立。 市場調査からマーケティング戦略の立案、インターネット広告を活用したWEBプロモーションなど、商品サービスがブランド化されるまでのトータルプロデュースを行う。 スイッチ 代表@熊本