熊本のSEO・リスティング広告ならWEBマーケティングのスイッチ。

縦長ページの画面もサクっとキャプチャ!Chrome拡張機能「Webpage Screenshot」


こんにちは、WEBマーケッターの荒木です。

ランディングページなどの縦長ページをキャプチャするのって大変ですよね?

今回は、そんな縦長ページもサクっとキャプチャできるChromeの拡張機能「Webpage Screenshot」を紹介します。

Sponsored Links

「Webpage Screenshot」のインストール

Chromeのウェブストアにアクセスして、「Webpage Screenshot」を検索します。

右上の[+無料]をクリックして、インストールします。

見たままをスクリーンショット

画面右上のカメラアイコンをクリックし、[見たままをスクリーンショット]をクリックします。

右上の[save]をクリックすると、表示されている画面そのままのキャプチャを保存することができます。

ページすべてをスクリーンショット

「Webpage Screenshot」を使うと、画面に表示されていない部分を含めたページ全体をキャプチャすることができます。

ですので、ランディングページなどの縦長ページも簡単にキャプチャできるので、便利です。

画面右上のカメラアイコンをクリックし、[ページすべてをスクリーンショット]をクリックします。

右上の[save]をクリックすると、ページ全体のキャプチャを保存することができます。

↓保存したファイルがこちら。縦長ページもまるごとキャプチャできています。

ページの欲しいとこだけ切り抜き!

「Webpage Screenshot」では編集機能も豊富で、ページの一部を切り抜くこともできます。

スクリーンショット後の画面上部にある[はさみ]アイコンをクリックします。

画面上の欲しい部分をドラッグして、選択します。

右上の[save]をクリックすると、切り抜いた部分だけを保存することができます。

□で囲んだり、文字を入力することも!

キャプチャ画像を使う場合、注釈をいれたりすることもありますよね。

「Webpage Screenshot」は、□で囲んだり文字を入力することができるので、とても便利です。

スクリーンショット後の画面上部にある[□]アイコンをクリックすると□で囲むことができます。

[T]アイコンをクリックすると文字を入力できます。

他にもラインを引いたり、矢印を入れたりできますので、お試し下さい。


Sponsored Links

こちらの記事もおすすめです!

シェア頂けると励みになります!

ブログ更新情報はこちらから発信しています。

follow us in feedly

【完全保存版】ショッピングカートASP徹底比較2015

運営者情報

荒木 厚/アラキアツシ

デザイン会社、WEB運営会社を経て、「スイッチ」を設立。 市場調査からマーケティング戦略の立案、インターネット広告を活用したWEBプロモーションなど、商品サービスがブランド化されるまでのトータルプロデュースを行う。 スイッチ 代表@熊本