熊本のSEO・リスティング広告ならWEBマーケティングのスイッチ。

[SEO]実際に使えるキーワード選定ツール5選


SEO対策においてキーワードをどうやって見つけて、どうやって選定されていますか?
とりあえず頭に浮かぶキーワードを選んでいませんか?
自分で思いつくキーワードは限られています。
今回は、誰でも簡単に複数のキーワードを発見し、選定できるキーワードツールを5つご紹介いたします。

Sponsored Links

(1)キーワードツール

まずは、王道のキーワードツール。
Yahooのキーワードアドバイスツールは、リスティング広告を利用しているユーザーしか使えません。
キーワードや希望の入札価格を入れて抽出ボタンを押すと関連するキーワードがズラリ表示されます。
デバイスごとに数字を出してくれるのがいいですね。

Yahoo!プロモーション広告はこちら

Googleのキーワードツールはリスティング広告を利用していないユーザーも使えます。
(ただ、数ヶ月以内にに外部向けは使えなくなるそうです…)
Adwordsのキーワードツールはキーワードプランナーと名前を変えてバージョンアップしました。
地域ごとの検索ボリュームを見れるようになったのはいいですね。
それと複合ワードでのキーワード抽出。これも便利です。

(2)共起語抽出ツール「LSI調査」

共起語ってあまり聞き慣れませんけど、ある単語の周囲に現れる単語のことです。
たとえば「SEO」に対する共起語は、「ツール」「対策」「  などなど。
抽出までにちょっと時間があるのが難点ですが、これ、めっちゃ使えます。
作ってくれた人、ありがとう☆
共起語抽出ツール「LSI調査」

(3)Googleアナリティクス

アナリティクスは、解析ツールっていう感じですけど、キーワード選定ツールとしても使えます。
すでに訪問されているキーワードで、SEO対策する必要あるの?って思いがちですが、対策するキーワードは、このなかでも訪問数が少ないキーワード。
月に1とか2とかのキーワードは、もっとSEO対策をすればアクセスを稼げる可能性があります。
ただし、あんまりアクセスを集めても無駄なキーワードは無視してください。

(4)FerretPlus(フェレットプラス)

SEOツールとしては、有名なフェレットプラスですが、その中でもキーワードアドバイスは良いですね。
検索ボリュームだけでなく、キーワードの推移や競合の対策具合を見ることができます。
分析が細かいですね〜

FerretPLUS(フェレットプラス)はこちら

(5)Googleトレンド

Googleトレンドは、キーワードの検索数の推移を見ることができます。
縮小傾向のキーワードや今後伸びていくであろうキーワードがわかります。
地域別で見れたり、関連するキーワードを見れるのも良いですね。

検索順位を定期的にチェックすることも大切

検索キーワードを選定することも重要ですが、選定したキーワードの検索順位を定期的にチェックしておくことも大切です。
選定したキーワードによるSEO対策がうまくいってるのかを検証するためにも、毎日の検索順位チェックは欠かせません。
また、毎日の検索順位チェックが必要な理由は?にも書いていますが、Googleペナルティが強化され、いつ順位が変動するか分かりません。
そうなった時に適切に対応するためにも、検索キーワードの検索順位チェックを定期的に行うようにしましょう。
ちなみに、検索順位チェックにはGRCがおすすめです。

検索順位チェックツールGRCはこちら


Sponsored Links

こちらの記事もおすすめです!

シェア頂けると励みになります!

ブログ更新情報はこちらから発信しています。

follow us in feedly

【完全保存版】ショッピングカートASP徹底比較2015

運営者情報

荒木 厚/アラキアツシ

デザイン会社、WEB運営会社を経て、「スイッチ」を設立。 市場調査からマーケティング戦略の立案、インターネット広告を活用したWEBプロモーションなど、商品サービスがブランド化されるまでのトータルプロデュースを行う。 スイッチ 代表@熊本