熊本のSEO・リスティング広告ならWEBマーケティングのスイッチ。

【レンタルサーバー】ヘテムルの特徴とは?月額料や容量を比較してみた!


ここではレンタルサーバーのヘテムルについて詳しく紹介していきます。
レンタルサーバーは何を重視して決めるかによって、それぞれ良いと思うサービスが違うかと思います。

値段やサービスなど多角的に分析したので、ぜひチェックしてみてください!

ヘテムルの特徴

ヘテムルは下記のような特徴があります。

  • 低価格で利用可能!
  • マルチドメインに対応!
  • 独自SSLを標準提供しています!
  • 稼働率99%でトラブルはほぼ無し!
  • 有人のサポートも充実!
  • 充実のバックアップ機能

読み込みエラーなどはほとんどありませんし、安定したサーバーを確保しています。
ただ、こういった事はどこか一つのレンタルサーバーしかできないというわけではないです。
なので余計にどこを選べば良いか迷ってしまいますね。

言葉に惑わされず、サービスと費用のバランスがどうなっているのかを比較したほうが選びやすいです。

まずは値段を比較しよう!

レンタルサーバーは初期費用、および月額料を設定しているところが多いです。
長期的にサイト運営を考えている方は、何年も運営することになるでしょうから、初期費用は置いておいて月額料で決めるのがお勧めです。

月額料で比較すると、下記のようなレンタルサーバーが安いです。

他にも安いところはありますが、ある程度名が知れているのは上記のようなところでしょう。
例えば安いプランだとロリポップは108円、さくらサーバーは129円の月額料で済みます。

しかし、これら容量が少ないプランを利用するのは、はっきり言って初心者です。
容量が非常に少ないですから、サイトをたくさん作ったり、ページ数が増えてしまうとすぐに容量オーバーしまいます。

イメージとしては、四畳半のアパートを借りるイメージです。
荷物が増えると引っ越ししたくなっちゃいますよね。

それと同じでとりあえず住めればよい(簡単なサイトがアップできればよい)と考えている人向けです。

ちなみにヘテムルは最安値プランで月額料800円です。
他のレンタルサーバーと比べて、取り立てて安いというわけではありません。
その値段の理由は後ほど説明しましょう。

容量で比較しよう!

次にチェックしたいのが容量です。
サイトを運営する上で、一番のキモとなる部分と言っても良いかもしれません。

上記紹介したような月額100円程度で利用できるプランは容量がだいたい10GB程度です。

10GBがどの程度か、ざっくり言うと100ページから150ページ程度のサイトを1つ作った時の量です。(動画等を載せているサイトだと、もうちょっとページ数が少なるくなる可能性があります)

ということは、1サイト作ったらすぐに容量オーバーになるということです。
ペラページを何枚も作る人だったら何サイトも作れますが、月額料が安いとマルチドメインに対応していないことが多いので、本当に初歩中の初歩が利用するプランということがわかります。

では、容量はどれぐらい欲しいのか。
どんなサイト作りを考えているかにもよりますが、長期的なサイト運営を考えているなら100GBから200GBぐらいは欲しいです。

最近のサイトは数十ページ作ったぐらいではあまりアクセスは増えません。
数百ページ必要になることも多いので、そういったことを想定すると、このぐらいの容量は欲しいです。。

そこで容量が100GBを超えるもので、いくつか比較してみましょう。

上記のようになっています。
100GBならバリューサーバ、200GBならヘテムルが安いです。

ある程度しっかりサイト作りをやろうと思っているなら、これぐらいで契約したいですね。

マルチドメインで比較しよう!

マルチドメインとは、複数ドメインが登録できることを指します。

  • AA.com
  • BB.com
  • CC.com

例えば、上記3つのサイトを所有していたら、3つのドメインを登録する必要があります。

大体月額料が安いものほど、ドメイン数の登録上限が決まっています。
例えば、ロリポップの月額料270円コース、コアサーバーの月額料215円コースはドメイン50個までとなっています。

そんな中、月額料が安くてドメイン登録数が無制限なのがヘテムルです。
ヘテムルは最安値月額料864円で、登録できるドメインに上限はありません。

有名なところで比較すると、さくらサーバやエックスサーバーはドメイン無制限の場合、月額料が1000円を超えてしまうので、マルチドメインで尚且つ月額料が安いという考えだと、ヘテムルは検討するに値するでしょう。

ドメイン登録無制限のレンタルサーバは他にもあるのですが、99円サーバーや無限サーバー、ギガサーバーなどちょっと知名度が劣る印象です。

小規模なレンタルサーバーだといつ潰れるかわかりませんから、ある程度、運営実績も考慮するとヘテムルはお勧めできるかなと思います。

まとめ

以上、ヘテムルの特徴、および他のレンタルサーバとの比較について紹介しました。
自分が何を重視して選ぶかによってレンタルサーバも異なるはずです。

ヘテムルを選択する人は、下記のような人が多いです。

  • サイト運営が軌道に乗っている人
  • たくさんのドメインを所有して登録したい人
  • 月額料を1000円以内に抑えたい人
  • 安定したサーバー状態を確保してほしい人

上記当てはまる人は検討してみてはいかがでしょうか。

ヘテムルについて詳しくはこちら


Sponsored Links

こちらの記事もおすすめです!

シェア頂けると励みになります!

ブログ更新情報はこちらから発信しています。

follow us in feedly

【完全保存版】ショッピングカートASP徹底比較2015

運営者情報

荒木 厚/アラキアツシ

デザイン会社、WEB運営会社を経て、「スイッチ」を設立。 市場調査からマーケティング戦略の立案、インターネット広告を活用したWEBプロモーションなど、商品サービスがブランド化されるまでのトータルプロデュースを行う。 スイッチ 代表@熊本