熊本のSEO・リスティング広告ならWEBマーケティングのスイッチ。

サイト記事のライティングに文字数は重要か!?理想は何文字?


サイト記事を書くとき、何文字ぐらい書くのが最も良いかと考えている方も多いです。
最低1000文字、出来れば2000文字、いやいや5000文字は欲しいなど色々な意見があります。

逆に、「必要なことだけ書いてあれば良い。余計な情報はいらないから短くても良い」なんて人もいます。
はっきりと正解を出すのは難しい議論になりますが、様々な角度から文字数について検証してみました。

検索順位はいろいろな要素で決まる

検索順位は文字数の量によって決まるわけではありません。
あくまでも判断基準の一つ。
文字数以外にも大きく分けて下記のようなことが関係してきます。

  • サイトの質
  • ドメインの質
  • 被リンクの質

例えば、サイトの質一つをとっても要因は幅広いです。

  • どんなサイトなのか
  • どれぐらい運営されているサイトなのか
  • 必要なキーワードはどの程度含まれているのか
  • 記事数はどれぐらいあるのか
  • どんなタグが使われているのか

こういった要素がひとつひとつ判断されて、検索順位が決まります。

必要最低限の文字数とは?

「色々な要素が関係してくると思うけど、ざっくりでもいいから必要な文字数を教えてくれ!」という人もいるかと思います。
そこでリンクの影響などがあまり関係なく、サイトの質で判断されそうなキーワードでいくつか検証してみました。

今回検証したのは、下記2つのキーワード。

  • 「きゅうり 育て方」
  • 「頭痛 原因」

この2つのキーワードを入力して検索第1位に表れたサイトの文字数を調べてみました(2017年検証)。

すると、「きゅうり 育て方」が約5000文字、「頭痛 原因」が約2500文字でした。

このように2500文字で1位になるときもあれば、5000文字書いてようやく1位になるときもあります。

結局は、他のサイトととの相対的な比較によって順位が決まるので、何文字だから1位になれるといったことではないのです。

こういった検証を行っていくと、1000文字以下のサイトで1位はなかなか出てきません。
大体は2000文字、3000文字のところばかりです。

このことからある程度しっかり読んでもらって、ユーザーの滞在時間を高めるサイトこそ重要ということがわかります。

そのためには2000文字、3000文字は必要という考え方が出てきます。

ライバルを分析した上で文字数を決定!

サイトを作るときは、ライバルチェックもとても大切です。
例えばあなたが作りたいキーワードで、すでに他のサイトができていたとします。

そのサイトの文字数は2500文字。
そうなると、あなたが1000文字程度書いたぐらいでは、上回れない可能性が高まってきます。

ライバルが2500文字だったら、あなたは3000文字以上書くぐらいの意気込みが必要です。

ただし長ければよいということではありません。
無駄な情報を書いたり、テーマと違った文章で文字数を増やしても意味がありません。

「自分だったらこんな情報が載っていると、ついつい読み込んでしまうな」と思うようなものを書くようにします。

つまりライバルのサイトを真似て作っただけでは劣ります。
自分にしかない情報、自分だけが書ける情報を記載することで、唯一無二の情報となり価値が上がります。

ライバルチェックが面倒なら後で追記もOK

ライバルサイトをチェックしたり、文字数を調べるのが面倒なら、とりあえず2000文字などと決めて記事を書いてみてはどうでしょうか。

そして数ヶ月経ってから、あなたのサイト記事の順位変動をチェックします。
もしどうにも順位が上がらないようなら、さらに文字数を加えてみましょう。

文字数が増えて順位が上がれば、まだまだ被リンクなどの要素以外で順位が変わる可能性を秘めています。

このように自分のサイトを分析しながら必要な文字数を追加していくという方法もあります。


Sponsored Links

こちらの記事もおすすめです!

シェア頂けると励みになります!

ブログ更新情報はこちらから発信しています。

follow us in feedly

【完全保存版】ショッピングカートASP徹底比較2015

運営者情報

荒木 厚/アラキアツシ

デザイン会社、WEB運営会社を経て、「スイッチ」を設立。 市場調査からマーケティング戦略の立案、インターネット広告を活用したWEBプロモーションなど、商品サービスがブランド化されるまでのトータルプロデュースを行う。 スイッチ 代表@熊本