熊本のSEO・リスティング広告ならWEBマーケティングのスイッチ。

いま学ぶべきプログラミング言語10選!


ビギナー向けに、いま学ぶべきおすすめのプログラミング言語についてまとめました。エンジニアやWebデザイナーの方を中心に、参考にしていただければ幸いです。

Python(パイソン)

Pythonはいま世界的に一気に需要が高まっている言語の一つです。それというのも、AIや機械学習などの最先端分野で使われる言語だから。こういったジャンルに進みたい方にとっては、必須の言語と言えるでしょう。Pythonはその他にも、さまざまなWebアプリケーションの開発にも活用されています。

Ruby(ルビー)

RubyはWebアプリケーションなどの開発に使われる、国産のプログラミング言語です。中でもRuby on Railsと呼ばれるフレームワークが断トツで使われているので、Rubyを学ぶのであればRuby on Railsも併せて学習しておくといいでしょう。

PHP(ピーエイチピー)

PHPはWeb制作で使われているプログラミング言語です。PHPフレームワークも多く知られていて、規模の大きなサイトやアプリケーションに対応できることも強みです。比較的学習のしやすい言語なので、ビギナーでも安心して取り組むことができるでしょう。WordPressやMovable Typeなどの大手CMSもPHPで作られているので、エンジニアとしての幅を広げることが期待できます。

Java(ジャバ)

プログラミング言語を学ぶ時に欠かさずあがるのが、Javaの名前です。Javaは汎用性も高く歴史も長いため、使われているプロジェクトは数知れず。オブジェクト指向を学ぶのにも、格好の題材と言えるでしょう。ここ数年はさらに、アプリ開発の分野でも脚光を浴びています。Androidのネイティブアプリの制作で使われているためです。

Swift(スウィフト)

SwiftはiPhoneやMacなどの、Apple製品向けネイティブアプリ開発に使われるプログラミング言語です。アプリ開発の現場では業界スタンダードとも言えるでしょう。同じくAppleが提供しているIDE(統合開発環境)であるXcodeを使い、ビジュアルにアプリ開発を行うことができます。

HTML/CSS(エイチティーエムエル/シーエスエス)

WebサイトやWebアプリケーションなど、Web系の開発で使われる言語です。HTMLがWebページのコンテンツや構造を担い、CSSがレイアウトデザインを担当しています。エンジニアはもちろんですが、Web系デザイナーも基礎的な知識は持っておいた方がいいでしょう。

JavaScript(ジャバスクリプト)

こちらもWeb系の開発で使われるプログラミング言語です。Webページの見栄えをよくしたり、操作性を上げることができます。なお、Javaと名前が似ていますが両者は別ものです。

R(アール)

Rは、他とは趣の異なるプログラミング言語です。統計解析に特化していて、ビッグデータなど大量データを扱うことに優れています。これらの分野に携わりたいのであれば、ぜひとも身につけておきたいところです。

C(シー)

Cは数あるプログラミング言語の中でも、最も歴史の長い言語と言えます。歴史が長いだけあって、Cを使った開発案件は非常に多く、OSや組み込み系のシステムなどで利用されています。

Arduino(アルデュイーノ)

ArduinoとはCをベースにしたプログラミング言語で、ハードウェアのマイコンの一種とも言えます。ここ最近の話題の一つである、IoTに関わりたい方におすすめの言語と言えます。

あとがき

いま学ぶべきプログラミング言語を10個ご紹介しました。本稿で取り上げたのはどれも人気のプログラミング言語ですが、自分の行いたい開発内容に合わせて選ぶといいでしょう。


Sponsored Links

こちらの記事もおすすめです!

シェア頂けると励みになります!

ブログ更新情報はこちらから発信しています。

follow us in feedly

【完全保存版】ショッピングカートASP徹底比較2015

運営者情報

荒木 厚/アラキアツシ

デザイン会社、WEB運営会社を経て、「スイッチ」を設立。 市場調査からマーケティング戦略の立案、インターネット広告を活用したWEBプロモーションなど、商品サービスがブランド化されるまでのトータルプロデュースを行う。 スイッチ 代表@熊本