熊本のSEO・リスティング広告ならWEBマーケティングのスイッチ。

ホームページを作成したい!知識が無くても作成できるの?


ホームページを作成する場合、最終的にはサーバーを借りて、ドメインを用意してなどとちょっと専門的な知識も必要になってきます。
ただ、準備段階でそういったことを勉強しなければいけないと思うと難しいですし、そもそも楽しくありません。

まずは、素人でもホームページを作るところから取り組んで大丈夫です。
そして最終的に出来上がったホームページをネット上にアップしたいという場面になってから、サーバーやドメインの知識を勉強する形でも遅くないでしょう。

ホームページ作成は知識がなくても大丈夫!

今でもWEB制作会社のちょっとお偉い社員になると、「タグ打ちからしっかり知識を身につけていないとダメ」なんて頑固な言い方をする人もいます。

確かに基礎知識としてあった方が良いのですが、今はそういった知識が浅くても作成できるWebソフトがあるので、難しく考える必要はありません。

ブログのように文字を大きくしたり、色を変えたりなど簡単にできます。
例えば、表を作るときに使うテーブルタグが分からなくても、どこかのサイトのテンプレートをコピーしてきて、内容だけ自分で書き換えてしまえばそれでも良いわけです。

浅い知識でもやりながら作っていくことができるので、気構えする必要はないです。
詳しい知識がなくても作れるソフトはホームページビルダー、ホームページV3、シリウスなどがあります。


▲シリウス

いずれも直接HTMLやCSSなどソースを編集するのではなく、感覚的にデザインしていくことが可能です。

作りながら覚えていく

ほとんどのWeb作成ソフトはデザイン画面とHTML画面の両面が確認できるはずです。

例えば、文字を大きくしたり、色を変えた時に変更前と変更後のHTML画面を見比べてみましょう。

そうすれば、どんなタグが使われているのか分かるはずです。
その際、タグを完璧に覚える必要はないです。
なんとなく、こんなタグが使われているんだなと理解できれば十分。

例えば、フォントのカラーを設定した時は#と6個の英数字で色が表されています。

赤だったら#FF0000など。
何回も見ていると仮にHTMLを編集する時、どこを編集すれば良いのか、どこが間違っていたのかが分かるようになってきます。

仮に、♯を間違えて消してしまっていたりすれば、それに気づくことができます。

他にも「リンクを使うとこんなタグになっているんだ」、「画像を配置するとこんなタグになっているんだ」などと、やりながら内部面(HTMLやCSS)も覚えられるようになってきます。

習うより慣れろというのがWeb作成の基本です。

1からが難しい場合はテンプレートを活用

習うより慣れろと言われても基本が何もできていないんだから、作れないという人もいるかと思います。
そんな人はすでに出来上がっているテンプレートを活用するのもお勧めです。

お勧めのソフトはBiNDです。
このソフトにはすでにテンプレートが200以上内蔵されています。


▲BiND

なので自分で文章や写真を用意するだけでOK!
枠組みがすでにかっちり決まっているので、かっこいいサイトが簡単に作れちゃいます。

しかもスマホにも対応したテンプレートも用意されています。
またテンプレートといえども自分好みにアレンジしたり、オリジナルを加えることも可能。

その自作したものを保存できるので、1から作るのには自信がないという人でも作成しやすいソフトです。

このBiNDはかなり高性能になっているので、将来的にもWeb作成の知識を増やしたいという人には逆に便利すぎるかもしれません。
タグなどの勉強をしながら作りたい人はホームページビルダー、ホームページV3、シリウス、とにかく簡単に作りたいという人はBiNDが向いているのではないでしょうか。

BiNDについて詳しくはこちら


Sponsored Links

こちらの記事もおすすめです!

シェア頂けると励みになります!

ブログ更新情報はこちらから発信しています。

follow us in feedly

【完全保存版】ショッピングカートASP徹底比較2015

運営者情報

荒木 厚/アラキアツシ

デザイン会社、WEB運営会社を経て、「スイッチ」を設立。 市場調査からマーケティング戦略の立案、インターネット広告を活用したWEBプロモーションなど、商品サービスがブランド化されるまでのトータルプロデュースを行う。 スイッチ 代表@熊本