熊本のSEO・リスティング広告ならWEBマーケティングのスイッチ。

Webデザインに活用する!JavaScriptの基礎知識


JavaScriptの基本的にな知識についてまとめました。WebサイトやWebアプリケーションの制作では必須とも言えます。基礎知識をおさえて、Webデザインや制作に活かしていってくださいね。

JavaScriptとは?

JavaScript(ジャバスクリプト)とは、Web制作で使われるプログラミング言語のこと。Web制作と聞くと、HTMLやCSSを思い浮かべる方も多いことでしょう。JavaScriptはこういったHTMLやCSSなどの言語と併用されることが一般的です。

それではなぜHTMLやCSSだけではダメで、JavaScriptも必要なのでしょうか?一言で言うと、JavaScriptを使えばWebページをもっと便利にできるのです。さらに、Webページのデザインを良くすることができます。Webエンジニアはもちろんのこと、WebデザイナーにとってもJavaScriptは重要なのです。

JavaScriptの公式サイトはこちら

JavaScriptのメリット

JavaScriptのメリットについて、もう少し深掘りしておきましょう。

ブラウザがあれば動く!

JavaScriptはHTMLやCSSと同じく、ブラウザがあれば動作します。特別な実行環境も必要なく、テキストエディタとブラウザがあれば開発が行えます。JavaScriptを導入する際のハードルも低いと言えるでしょう。

便利なフレームワークがある!

記事の後半で取り上げますが、JavaScriptには便利なフレームワークやライブラリが存在しています。Web開発が効率化できますし、バグを減らすことも期待できます。

習得しやすい!

上で述べたように、JavaScriptはWeb制作では必ずと言ってもいいほど使われます。そのため、書籍やインターネットなどで膨大な情報が手に入ります。初心者でも安心して取り組むことができるはずです。

加えて、JavaScriptはシンプルな構文を採用しています。デザイナーなど非エンジニアであっても、ぜひ取り組んで欲しいと言えます。

Javaスクリプトの周辺技術

最後に、JavaScriptの周辺技術として代表的なフレームワークやライブラリをいくつかご紹介しておきましょう。

jQuery

JavaScriptのライブラリとして、最もよく使われているのはjQueryでしょう。Webサイトの制作でよく使われるWordPressも、jQueryを使って動いています。記述もシンプルなので、JavaScriptの初心者にもおすすめです。

jQueryのサイトはこちら

React

SNS大手のFacebookが開発したJavaScriptライブラリで、Webページのフロント部分の開発に使われます。ここ数年注目を集めていて、Reactを使ったプロジェクトもジワジワと増えてきています。

Reactのサイトはこちら

AngularJS

AngularJSはJavaScriptのフレームワークとして有名です。AngularJSはいわゆるフルスタックのフレームワークなので、使える機能も豊富に備わっています。バージョンによる差異があるので、取り組む際は注意しましょう。

AngularJSのサイトはこちら

あとがき

Web制作で使われるプログラミング言語、JavaScriptの基礎知識についてまとめました。

JavaScriptは出来ることがたくさんあるのですが、それは言い換えれば非常に奥の深い言語であるということ。ご紹介した内容を参考にしていただき、ぜひ実用レベルまで目指していただければと思います。


Sponsored Links

こちらの記事もおすすめです!

シェア頂けると励みになります!

ブログ更新情報はこちらから発信しています。

follow us in feedly

【完全保存版】ショッピングカートASP徹底比較2015

運営者情報

荒木 厚/アラキアツシ

デザイン会社、WEB運営会社を経て、「スイッチ」を設立。 市場調査からマーケティング戦略の立案、インターネット広告を活用したWEBプロモーションなど、商品サービスがブランド化されるまでのトータルプロデュースを行う。 スイッチ 代表@熊本