熊本のSEO・リスティング広告ならWEBマーケティングのスイッチ。

オウンドメディアで成功するための5箇条


オウンドメディアで成功するためのポイントを5つご紹介します。オウンドメディアがなかなか軌道に乗らないとお困りの方や、これからオウンドメディアに取り組む方の参考になればと思います。

オウンドメディアとは?

まずはオウンドメディアについて、簡単に復習しておきましょう。

オウンドメディア(Owned Media)とは、企業が自社で所有しているメディアのことです。「所有する」という意味のオウンドと、メディアという言葉を組み合わせてあります。

オウンドメディアと聞くとブログなどのWebメディアをイメージする方が多いかと思います。もちろんブログもオウンドメディアの一つなのですが、自社のメディアであれば全てオウンドメディアと言えます。例えば、企業サイトやSNSアカウント、ホワイトペーパー、メルマガなども全てそうです。

オウンドメディアの特徴として、コンテンツを通してコミュニケーションを取ることがあります。ここで言っているユーザーとは、見込み顧客につながる訪問者のこと。ユーザーに刺さる良いコンテンツが提供できていれば、見込み顧客の獲得やコンバージョンにつなげていくことができるでしょう。

一方で、成果につなげるには中長期的な運用が必要になることも知っておきましょう。リスティング広告などの短期的な施策と組み合わせながら、活用していくことが求められます。

オウンドメディアで成功するための5箇条

それでは本題に入っていきましょう。オウンドメディアで成功するための代表的なポイントを5つご紹介していきます。

①目的、ゴールを設定すること

オウンドメディアを運用する前に、その目的とゴールを明確にしておきましょう。目的とは、言い換えれば「何のためにオウンドメディアをやるのか?」ということ。運用をブレなく行っていくためにも、必ず設定しておきましょう。

達成度を具体的な数値で追っていくために、ゴールも忘れずに設定しておきましょう。効果測定もしやすくなりますし、軌道修正も素早くできるようになります。

②ターゲットを明確にすること

ターゲットとは、オウンドメディアを見て欲しいユーザー層のことです。ターゲットがわかっていれば、提供すべきコンテンツも自ずとわかってくるはず。オウンドメディアの目的を踏まえつつ、ターゲットを決めていきましょう。

③魅力的なコンテンツを提供すること

オウンドメディアで成果を上げるためには、ターゲットが魅力的と思うコンテンツが必要です。ターゲットに刺さる、良いコンテンツでなければいけないのです。サイト運営者がどんなに良いコンテンツだと思っても、ターゲットがそう思ってくれなければダメなのです。

④継続的にコンテンツを配信すること

コンテンツの内容が魅力的であっても、情報が古ければ効果も半減してしまいます。継続的にコンテンツを配信して、情報が古くならないよう注意してください。新しい情報は、SEOにも良い効果があるでしょう。

⑤効果測定を行うこと

オウンドメディアの運用を行うにあたり、効果測定は必ず行うようにしましょう。

オウンドメディアは概して、効果測定がおろそかにされがちです。確かにWeb広告やSEOなどと比べると、成果がわかりづらいかもしれません。しかしそれでは、目標の達成率もわからないでしょう。

アクセス解析やコンバージョンの測定などを行い、継続的に効果測定を行っていくようにしてください。

あとがき

オウンドメディアで成功するためのポイントを5つご紹介しました。リスティングなどのWeb広告などとは違い、オウンドメディアは中長期的な施策です。ご紹介したポイントを参考にしていただき、粘り強く取り組んでいっていただければと思います。


Sponsored Links

こちらの記事もおすすめです!

シェア頂けると励みになります!

ブログ更新情報はこちらから発信しています。

follow us in feedly

【完全保存版】ショッピングカートASP徹底比較2015

運営者情報

荒木 厚/アラキアツシ

デザイン会社、WEB運営会社を経て、「スイッチ」を設立。 市場調査からマーケティング戦略の立案、インターネット広告を活用したWEBプロモーションなど、商品サービスがブランド化されるまでのトータルプロデュースを行う。 スイッチ 代表@熊本