熊本のSEO・リスティング広告ならWEBマーケティングのスイッチ。

WordPressのユーザー権限とは?+ユーザー管理に役立つプラグイン


WordPressのユーザー権限についてまとめました。ユーザー権限について理解しておくと、WordPressサイトの運営を効率的に行うことができますし、セキュリティ向上にも効果が見込めます。ユーザー管理に役立つプラグインも取り上げているので、参考にしていただければと思います。

ユーザー権限とは?

WordPressでWebサイトを管理するには、ユーザーアカウントが必要になります。任意のユーザーアカウントで管理画面にログインすることで、WordPressのさまざまな機能が使えるようになるのです。

例えば、WordPressサイトを立ち上げると自動で一つアカウントが作成されます。これは管理者アカウントと呼ばれるもので、WordPressの全ての機能を使うことができます。

しかしサイト運営者の中には、全ての機能を使われては困る人もいます。例えば、コンテンツを追加するだけの運営者があげられます。

コンテンツの追加や編集は、投稿やメディアなどの機能が使えれば十分です。それなのに、プラグインやテーマの編集、ユーザー管理などの機能を持たせる必要はありませんよね。

ユーザー権限とは、そのために使われる機能のこと。ユーザーアカウントごとに必要な機能を制限することができるのです。

ユーザー権限の種類

ユーザー権限には5つの種類があります。使える機能が多い権限から、順に見ていきましょう。

管理者

全ての機能が使えるユーザー権限です。テーマやプラグインの管理、ユーザー管理、投稿や固定ページの管理など、あらゆる機能が使えます。

編集者

投稿や固定ページの管理など、コンテンツまわりの機能が使えるユーザー権限です。投稿者や寄稿者とは異なり、他ユーザーの投稿も管理できます。

投稿者

投稿を新規追加したり、編集・公開までができるユーザー権限です。ただし、編集したり公開できるのは、自身の投稿に限ります。

寄稿者

投稿を新規追加したり、編集ができるユーザー権限です。投稿を公開することはできず、編集できるのは自身の投稿のみです。

購読者

サイトの閲覧のみ可能なユーザー権限です。投稿や固定ページなど、コンテンツを投稿することもできません。

ユーザー管理に役立つプラグイン

ユーザー管理に役立つWordPressプラグインを2つご紹介します。ユーザー権限を拡張したり、管理をしやすくしてくれる便利なものばかりです。積極的に導入していきましょう。

User Role Editor

User Role Editorはユーザー権限を細かく設定できるプラグインです。上で解説したように、WordPressには5種類のユーザー権限が用意されています。それに加えて、独自にユーザー権限を追加することもできます。

User Role Editorはこちら

User Admin Simplifier

User Admin Simplifierはユーザーアカウントごとに機能が割り振れるプラグインです。使い方も簡単です。ユーザーを選択したのち、非表示にしたい機能を選択すれば完了です。

User Admin Simplifierはこちら

あとがき

ユーザー権限の基礎知識や、ユーザー管理に役立つプラグインをご紹介しました。WordPressサイトの制作や運営に活用していってください。


Sponsored Links

こちらの記事もおすすめです!

シェア頂けると励みになります!

ブログ更新情報はこちらから発信しています。

follow us in feedly

【完全保存版】ショッピングカートASP徹底比較2015

運営者情報

荒木 厚/アラキアツシ

デザイン会社、WEB運営会社を経て、「スイッチ」を設立。 市場調査からマーケティング戦略の立案、インターネット広告を活用したWEBプロモーションなど、商品サービスがブランド化されるまでのトータルプロデュースを行う。 スイッチ 代表@熊本