熊本のSEO・リスティング広告ならWEBマーケティングのスイッチ。

ランディングページは、仮説を立ててテストを繰り返す


ランディングページを作るとき、数あるアピールポイントの中で、どれを切り口にしたら良いのか迷うことありませんか?
そんな時は、テストしてみましょう。

どのアピールポイントがユーザーに対して、反応が良いのかやってみないと分かりません。
ランディングページは、仮説を立ててテストを繰り返すことで、ユーザーのニーズが分かり、最適化されていきます。
同じアピールポイントでも、表現やターゲットを変えてみても良いでしょう。

最初から完璧なランディングページをつくる必要はありません。
いろんなことを試しながら、ユーザーに最適なランディングページをつくりましょう☆

Sponsored Links

Googleアナリティクスのページ解析でランディングページを分析

ランディングページでどのリンクがクリックされているのか気になりますよね。
その時、有効なのがGoogleアナリティクスの「ページ解析」です。

ページ解析を見れば、どのリンクがクリックされているのかをクリック率で表示してくれます。
もし、クリックしてほしいリンクがあまりクリックされていなければ、目立つような工夫が必要でしょう。
逆にあまりクリックしてもらわなくていいリンクがクリックされていれば、リンクの配置を変えるなどの改善が必要です。

ランディングページで複数の注文・お問い合わせボタンを設置している場合、どの段階でボタンをクリックされているのか、分析することにより、ページの流れや構成を改善するヒントになります。
以前のページ解析は精度が悪く、リンク先が同じであればすべて同じクリック率で表示されていました。
現在は、ページ解析の機能が改善され、拡張設定を行えば同じリンク先でも違うクリック率で表示されるようになりました。
まだページ解析を見た事がないという方は、ぜひランディングページの改善にお役立て下さい。


Sponsored Links

こちらの記事もおすすめです!

シェア頂けると励みになります!

ブログ更新情報はこちらから発信しています。

follow us in feedly

【完全保存版】ショッピングカートASP徹底比較2015

運営者情報

荒木 厚/アラキアツシ

デザイン会社、WEB運営会社を経て、「スイッチ」を設立。 市場調査からマーケティング戦略の立案、インターネット広告を活用したWEBプロモーションなど、商品サービスがブランド化されるまでのトータルプロデュースを行う。 スイッチ 代表@熊本