オリジナリティのあるコンテンツを作るための基本的な考え方

インターネット上のウェブサイトで人を集めるためには、人が読んで役に立つと思う内容にすることが非常に重要です。[続き]

コンテンツマーケティングとは?メリットや特徴まとめ

近年、コンテンツマーケティングの重要性がますます高まってきています。オウンドメディアを立ち上げるケースも多く、Web担当者やデザイナーにとって身近な存在になったと言うこともできるでしょう。[続き]

失敗しないコンテンツマーケティングのはじめ方

数年前から流行しはじめているコンテンツマーケティング。 ブログなどを使って手軽にはじめられることから、多くの店舗や企業で取り入れられています。[続き]

コンテンツマーケティングを基礎から学ぶ!初心者におすすめの本4選+1

コンテンツマーケティングはそうではなく、見込み客や顧客にとって価値のあるコンテンツを提供し続けることで、良好な関係を築き、売上げにつなげていこうとする戦略。 よりよい顧客獲得のため、ECやオウンドメディアなどWebマーケティングに携わるものであれば誰しもが自分の武器にしたい戦略だと思います。[続き]

文章が苦手な人が売れる文章を書くために大切な4つのコト

文章が苦手な人でも、ちょっと考え方を変えれば、売れる文章を書くことができるようになります。 「なかなか商品が売れない...」と感じている方は、ぜひ参考にしてみてください。[続き]

オートウェイの動画がヤバイ!バズマーケティングはここまできた

最近、企業の動画が面白くて、いろいろ散策していたら「おお!」という動画を発見しました。 オートウェイというお店は、タイヤの激安販売店なんですが、動画によるバズマーケティングで今注目されています。[続き]

コンテンツを作成するときに専門用語は使うべきか?

SEOを意識してコンテンツを作成するときに専門用語を使った方が良いのか迷うところです。 できるだけわかりやすく初心者にも分かるような言葉でコンテンツを作った方が良い気もします。 この疑問にGoogleのマット・カッツ氏が回答しています。[続き]

直帰率が高いページは、検索エンジンからの評価が下がるかも!?

米Googleのマット・カッツ氏が2月10日にツイッター上でページレイアウトアルゴリズムの更新を発表しました。 今回のアルゴリズム更新によって、国内外で、検索順位に影響が出てきているようです。[続き]

パンダアップデートはコーポレイトサイトも例外ではありません

最近になって、さらにGoogleのスパム対策が強化されている印象を受けます。 Googleは先日、コピーサイトや低品質サイトに対して、検索インデックスから除外等の処置を行うとの表明もしています。[続き]

文章が苦手な人のための訴求力抜群の動画コンテンツ作成法

苦手な人でも、ブログなんかを書いてるうちに、楽しくなってどんどん上手くなっていく人もいますが、ダメな人はやっぱりダメです。 今回は、そんな文章が苦手な人のための訴求力抜群のコンテンツ作成法をご紹介します。[続き]

ターゲットの心を動かすユーザーベネフィットの伝え方

WEBサイトで商品やサービスを売るためには、ユーザーベネフィットを明確に伝えることが大切です。 今回は、コンバージョンに繋げるためのターゲットの心を動かすユーザーベネフィットの伝え方をご紹介します。[続き]

SEOを強化するためにコンテンツを作り続けることが重要である理由

1、2ヶ月くらいでSEOの効果がでてきません。3ヶ月くらい経ってから、ようやく検索エンジンからの流入がでてくるのです。 では、なぜSEOのためにコンテンツを作り続けることが重要なのか、説明していきます。[続き]

難しいコンテンツをグラフィックを使って視覚的に分かりやすく伝える方法

専門的な情報やデータに基づいた情報を伝える場合は、テキストだけでは分かりづらくなってしまいます。 イラストやグラフィックなどを用いて説明すると、視覚的に分かりやすくなります。[続き]

進化し続ける検索アルゴリズムに振り回されないために、SEOで意識すべきこと

2013年もGoogleの検索アルゴリズムには、いろいろな変化がありました。 ハミングバードの導入、パンダアップデートの通常アルゴリズムへの統合、ペンギンアップデートの2回更新。 Googleの方向性は2014年も変わることなく、進化していくことでしょう。[続き]

検索エンジンとユーザーから評価されるコンテンツ型のSEOを実現する方法

不正なリンクによるSEOに対してGoogleの取り締まりが厳しくなるなか、SEOにおけるコンテンツの重要性が高まっています。 今回は、難しく考えずにコンテンツ型のSEOを実現する方法をご紹介します。[続き]

ユーザーに気持ちよくコンテンツを読んでもらう6つの方法

有益なコンテンツを提供することはもちろんのこと、これからのコンテンツに求められるのは、「読みやすさ」。 ユーザーに気持ちよくコンテンツを読んでもらうための気配りが必要なのです。[続き]