初心者ライター必見!コピーライティングで嫌われるワケ

これからライターとして活躍したいと思っている人に参考になる情報を紹介します。[続き]

依頼者に喜ばれるライティングとは?知っておきたい3つのポイント!

ここでは依頼者に喜ばれるライティング方法を紹介していきます。 最近はクラウド系の仕事でライティングの依頼が増えています。[続き]

ライティングは初心者が1時間でどれくらい稼げるの?

記事を書き、収入を得るという方法(ライティング)が、ここ数年人気を集めています。[続き]

ライターを育てるために担当者が心がけることは?

自社サイトへの流入社を増やすために、オウンドメディアを手がける会社が増えています。質の良いオウンドメディアにするためには、ユニークで人の目を引く、もしくは実用性のある記事を書ける、優れたライターが不可欠です。[続き]

質の良いウェブライターを探すコツ

検索エンジンでの上位表示を実現するために、最近取り組む企業が増えているのが、サイトのコンテンツなど、質重視のサイト作りです。[続き]

文章の反応率は書く前から90%決まっている

文章の反応率は書く前から決まっています。 「え、どういうこと?どういうふうに書くかが重要なのでは?」とあなたは思うかもしれませんね。 たしかに「書き方」の部分も大切なのですが、それよりも大事になってくるのが書く前のリサーチです。[続き]

セールス文章に重要なお客の4つの心理状態とは?

セールス文章を書くときには、知っておくべきお客の心理状態 があります。 それは「無知」、「無関心」、「考えている」、「苦痛・痛い」 の4つ。[続き]

読まないから読まれるへ。精読率10倍即効でUPする8つのコツ

しかし、ちょっとしたコツをおさえるだけでも、 読まれない文章を読まれる文章に劇的に変えることが可能です。[続き]

シンプルにして強力!行動してもらう文章を書くための3大要素

商品購入やコメント、「いいね!」などなど・・・・・・・ 文章を書く目的はさまざまですが、アクションしてもらうためだと思います。 ですから、行動させる文章を書かなければいけません。 [続き]

Webライティングの超基本!ユーザーの質問に回答することって?

Webライティングの基本、それは「ユーザーの質問に回答する」ことです。 この点を意識せずに文章を書いていると、どんなに素晴らしい内容であっても読まれない文章になってしまいます。[続き]

ブログにも使える!読ませる文章にする3つのポイントとは? 

ブログやウェブサイトの文章をもっと読ませるものにするためには、3つのポイントがあります。 ウェブでは、内容の良い文章が必ずしも読まれるわけではありません。 読んでもらえる工夫をしなければ、その内容は伝わらないのです。[続き]

「続きを読んでみたい!」と思わせる5つの書き出しテクニック

アクセスがあっても離脱されているということは、文章がまったく読まれていないということですから、ショックですよね。 この悩みすごく分ります。では、なぜあなたのHPはすぐに離脱されてしまうのでしょうか?[続き]

物語やエピソードは強力な伝達装置となる

文章を書いていると誰しもこのような悩みを抱えます。 そのようなときにおすすめなのが、物語やエピソードで伝えることです。 物語やエピソードという表現手段を取り入れることで、伝わりやすさが大きく上がるんですよ。[続き]

パラグラフを活用!読まれる文章のためのライティング方法とは?

ブログやサイトなどのウェブ向け文章にも、パラグラフライティングをうまく活用するべきです。ウェブ向けの文章はほとんどが横書きですから、余計にパラグラフライティングが重要なのです。[続き]

読み手を「なるほどっ!」と納得させる論理的な文章の作成方法

読み手に納得してもらう文章を書くには説得力がないといけません。 説得力=論理、つまり論理的な文章であることが必須になります。 ではどうすれば論理的な文章が書けるでしょうか?[続き]

文章で伝えることは翻訳するということである

文章を書く場合、「翻訳する」という考え方が大切になります。 「外国語を変換するわけじゃないのに翻訳?」と怪訝に思うかもしれません。 ですが、文章とは自分の中にある知識や情報、感情を伝える行為ですので、それを文章に変換するという意味で翻訳とも言えるのです。[続き]

Webライティングには欠かせない!分かりやすい文章の書き方が身に付く本8選

分かりやすい文章を書くことは、Webライティングには欠かせません。 分かりやすい文章を書くことで、読者に伝わりやすくなります。[続き]

120%の未来を創造することで、お客さまの心を動かすことができる

中野巧さん著書の「売れる文章術」という本をご存知でしょうか? 中野巧さんいわく「ジネスのさまざまなシーンにおいて「共感力」を磨くことが、文章力、マーケティング力、コミュニケーション力などの仕事力が高める」とのこと。 私も、最近「共感力」というところに関心があり、こちらの本を一気に読んでしまいました。 [続き]

思わずクリックしたくなる!感情系バナー広告デザイン10選

感情系のバナー広告は、クリック率を高めるのはもちろん、その後ユーザーに実質的なアクションをしてもらうためにも、とても有効だと思います。 ということで、今回は思わずクリックしたくなる!感情系バナー広告をいくつかご紹介します。[続き]

キャッチコピーがグッとくるバナー広告デザイン10選

「バナー広告」はユーザーの興味を引きつけることができ、クリック率も高いことから力を入れて取り組む企業が増えてきています。 私もいくつかのサイトで取り入れていますが、バナー広告によって成果が大きく変わります。 ということで、今回はキャッチコピーがグッとくるバナー広告デザインをいくつか紹介します。[続き]

クリエイティブに天才はいない

藤巻さんといえば、新鋭デザイナーを集めた「解放区」、百貨店初のセレクトショップ「リ・スタイル」、ライフスタイル提案型売り場「BPQC」などを立ち上げ、カリスマバイヤーとして知られるようになりました。 そんな藤巻さんの著書で、私が好きなのが「茶色いクツをはきなさい!」今回は、その本の中で共感したところを少しだけ紹介したいと思います。[続き]

デメリットは強みになる!

ホームページで商品やサービスを売るときに、デメリットを隠そうとする人がいます。 しかし、それは逆効果になる場合があります。[続き]

ターゲットの心を動かすユーザーベネフィットの伝え方

WEBサイトで商品やサービスを売るためには、ユーザーベネフィットを明確に伝えることが大切です。 今回は、コンバージョンに繋げるためのターゲットの心を動かすユーザーベネフィットの伝え方をご紹介します。[続き]

ユーザーに気持ちよくコンテンツを読んでもらう6つの方法

有益なコンテンツを提供することはもちろんのこと、これからのコンテンツに求められるのは、「読みやすさ」。 ユーザーに気持ちよくコンテンツを読んでもらうための気配りが必要なのです。[続き]

ホームページで企業が見込み客を成約に導くための5つの実践的コンテンツ

皆さんは、ホームページのコンテンツを考える場合、どうされていますか? 他のサイトを参考にしたり、なんとなく決めていませんか? コンテンツにはすべて、目的や役割があります。 これらをしっかり踏まえた上で、コンテンツを揃えることにより、ホームページで見込み客を成約まで導くことができるのです。 今回は、企業が見込み客を成約に導くためのコンテンツパターンを5つご紹介します。[続き]